Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クルーズ船集団感染、水際対策の分かれ目 下船の記録、そして乗客の目からみた検疫態勢とは

配信

47NEWS

 新型コロナウイルスへの集団感染が発覚したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、多くの乗客乗員が検疫期間中、〝軟禁状態〟に置かれた。夫婦で乗船し、20日になってようやく下船できた70歳の男性が、下船当日の様子とこれまでの思いをつづってくれた。(47NEWS編集部)  ▽上陸許可証  20日朝、横浜検疫所長名の「上陸許可証」が私の船室に届いた。  「14日間の健康観察期間を経過し、ウイルス検査で陰性が確認されました。新型コロナウイルスに感染しているおそれがないことは明らかです」。  〝身の潔白〟が証明され、これで自由の身になれる。安堵(あんど)の気持ちがこみ上げてきた。  ▽下船  20日午前10時半、ようやく下船が始まった。19日の開始からの第2陣となる。乗客のスーツケースはすでに船外に運び出されている。午前11時過ぎ、4階にある下船口で、改めてサーモグラフィーで発熱をチェックされた。

 地上に降りるのは、2月1日に寄港した沖縄県(那覇港)以来だ。足が地につかない感じだ。雲の上を歩いている様な奇妙な浮遊感。軟禁生活によって脚力が衰えたのだろう。  ▽別れ  検疫施設に向かう途中、船を振り返り、自分が滞在していた船室を探した。上の階のカナダ人夫妻が手を振って見送ってくれているのに気づいた。  彼らは21日に下船する予定だ。迎えのチャーター機で40時間かけてカナダに戻る。そこからさらに2週間の検疫期間が待ち構えるのだという。  ご主人は前夜「誰がこの1カ月近い無駄な時間を償ってくれるのだ!」と嘆いていた。  ▽衝撃  20日正午すぎには「80代の日本人乗客2人が死亡」というニュース速報が流れた。乗客のなかで初めての犠牲者だ。同じ乗客の1人として心からご冥福をお祈りしたい。  今回のクルーズ参加者は、80代以上の高齢者が200人を超すという。高齢者や多少の持病があっても気軽に参加できる。これが船旅の魅力にもなっている。しかし、今回はそれが裏目に出た。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS