Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「面白いマッチメイクができればいいですね」山本太郎が語る次期衆院選の一手とは

配信

FNNプライムオンライン

去年の参院選で一躍脚光を浴びた「れいわ新選組」。代表の山本太郎氏は今年7月の東京都知事選に出馬し、落選したものの65万票を獲得して3位となった。しかし立憲民主、共産党らが押した候補者に挑んだかたちとなり、消費税引き下げで平行線だった野党共闘の決裂は決定的に。 【画像】「都知事選は10万票スタートの心構えだった」と語るれいわ新選組山本代表 さらに党の中心メンバーの「命の選別」発言を巡るドタバタで、一時のれいわの勢いはすっかり衰えてしまったかのようだ。果たしてれいわは、再び表舞台に飛び出すのか。「敗軍の将」山本代表に、次の国政選挙への一手を聞いた。

どこまで小池都知事に迫れるかが課題でした

――まず7月に行われた東京都知事選ですが、小池都知事が圧勝し、得票数では山本さんは3位となりました。立候補の決断がぎりぎりでしたが、かなり迷ったのですか? 山本氏: 去年の秋頃から「選択肢としては排除しない」と言ってきたのですが、立候補の時期がぎりぎりだったのは、政策を実行するための財源とその調達方法について総務省から確証を取るためでした。 私たちは立候補の前に3千サンプルの民間調査を行いましたが、結果は小池圧勝、他の候補者はほとんど団子状態で、その1人が私でした。 そうであれば、いま自分たちが必要だと思う政策を訴える場、もちろん選挙に出る限りは勝つためにやるのですが、どこまで小池都知事に迫れるかが選挙戦中の私たちの課題でしたね。 ――得票数が約65万7千票でしたが、この得票数への評価は? 山本氏: 当初の民間調査の予想数字は30万から40万でした。れいわ新選組が去年参院選挙の比例で東京で取った票数が約45万でしたが、それは去年の夏の話ですから10万くらいに減っているだろうと。ですから今回は10万スタートという心構えでしたね。

「多くがゲリラ街宣でしたが利点もありました」

――当初予想から見たらかなり善戦したということですね。 山本氏: えーと、都知事になりたかったんで(笑)。最初の想定よりは善戦したととれますが、知事のいすに座れなかったことがすべてですね。勝つつもりでやっていましたから、自分の中では非常に悔しい思いでした。一方で宇都宮さんは、立憲、共産、社民という国政政党がサポートしていて約84万票。2位争いには何の意味も無いのですが、いま私たちの実力としてはこの数字が現実だと思います。 ――コロナで街頭演説が思ったようにできなかったのも影響ありましたか? 山本氏: いやー、やっぱり厳しかったですね。話を聴いて下さる人の間隔を開けたり、予告はやりづらいので多くがゲリラでの街宣でした。ただ利点もありましたね。予告をすると支持者が集まって、打てば響くみたいな状態になりますが、ゲリラ街宣では短い時間の中でどれだけ足を止めてもらえるか、どれだけの人が頷いてくれるか、疑問を持ってくれるか、そういうやりとりをやるというのは鍛えられる部分がありましたね。

【関連記事】