Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NMB48新センター抜擢の梅山恋和&山本彩加インタビュー(2)「LAPIS ARCHの結成がメチャクチャ大きい」

配信

エンタメNEXT

10周年を迎えるNMB48が放つ23rdシングル『だってだってだって』。初のセンターに抜擢されたのは梅山恋和&山本彩加の5期生コンビ。切磋琢磨してきた“梅山本”が、現在の心境や、グループの未来を語る(2回連載の第2回)。 【写真】梅山恋和と山本彩加のソロカットほか ──これまでの活動で大きな自信を作ってくれた出来事は何でしょう? 梅山 そうですね……私は公演デビューがみんなより遅かったりして、全然自分に自信がなかったんです。センターに立ちたいという気持ちも持っていなくて。けど、握手会の部数が伸びてきたときぐらいから、少しずつ自分も前に出ていいんやと思えるようになってきたんです。お会いする人が増える度に応援してくださる声も増えてきて、これだけ応援してくださる方がいるなら私もその期待に応えたい、センターに立ちたいという想いに変わっていきました。 山本 さっきも言ったのですが、ココナはメンバーの中で一番努力をしている子やと私はずっと思っていたから、その努力がいつかちゃんと実ってほしかったんですよ。 梅山 ありがとう(ニコニコ)。最近、5期生グループとかの昔のラインを暇な日に見返しているのですが、あーやんが必ず先頭を切って発言したり提案してくれていて、加入して間もない頃からずっと私たちに背中を見せてくれていたんやなぁって、改めて尊敬の気持ちでいっぱいになりました。選抜に入って、早くからずっと私たちを引っ張って来てくれたあーやんがこうしてセンターに立つのはやっぱり当然やなぁって。『だってだってだって』の最後のダンスシーンの場面で隣になったときに、もうオーラがワーッ! とあるなぁと思いました。それは昔から変わっていなくて、すごく安心するんですよ。あーやんがいるから私も頑張れる! って、自信を持てました。 山本 ありがとうね(照笑)。

上西怜も喜んでくれた

──昨年12月に上西怜さんと共にユニット「LAPIS ARCH」としての活動がスタートしたことも大きかったかと思います。 山本 LAPISの結成はメチャクチャ大きいですね。NMB48でのライブでは見せられない3人だけの姿であったり、同じNMB48の楽曲でも違う演出で新しい魅せ方ができる場所なんですよ。今までにない挑戦ができて、すごく成長できています。 梅山 この前も「次のライブ、こんな演出、こんな挑戦をしようね」って話しあったね。 ──今、NMB48内でユニットが続々と誕生している中、LAPISはどんなグループにしていきたい? 山本 う~ん……Queentetやったら〝女子力〟、だんさぶる!やったら“パフォーマンス”っていうはっきりした色がありますけど、正直LAPISには、「コレ!」という色がないんです。けど逆に前向きに捉えるなら、色がないから様々な色に染まれるのかなと。ライブごとにテイストを変え続けて、毎回新しいことに挑戦して、いろいろな色に染まれるユニットになれたらいいなぁと今は思っています。 梅山 一番は若い人に憧れてもらえるユニットになろうねって話しています。今はTikTokの配信もメッチャやっているので、フレッシュさを出していきたいよね。 山本 そうだね。けどTikTokの方は、どんなことをするか私が考えているのですが、正直面白いものを作れていないので……もっと頑張ります(苦笑)。 ──どの動画も凝っているじゃないですか。上西さんはお2人がセンターと聞いて、どんな反応をされていました? 山本 ちょうど選抜発表の日にLAPISの活動があったんですよ。その日は「おめでとう!」とメッチャ喜んでくれました。でも内心はきっと複雑だったろうなと思います。 梅山 (静かに深く頷く) 山本 私たちもその時、どう反応すればいいのか分からなくて、戸惑ってしまったんです。間違いなくれーちゃんは今のグループにとって、LAPISにとって必要な存在で。私たちもれーちゃんと一緒にこれからのNMB48を引っ張っていきたいんです。 梅山 うん。大切な仲間やから、もっとLAPISの3人でテッペン目指していきたいね。 山本 さっきの私とココナの話じゃないですけど、れーちゃんも、それに5期生みんなが良い意味でライバルなんです。全員が個性豊かで何も被っていないというか……。 梅山 全員クセ強い(笑)。 山本 そのクセの強い5期がこれからのグループの中心になれるように、みんなで盛り上げていきたいですね。

【関連記事】