Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元スパーズの『提督』デビッド・ロビンソン、ティム・ダンカンの加入は「人生の転機」

配信

バスケット・カウント

「優勝できるチャンスが一気に広がった」

写真=Getty Images 元スパーズで2009年に殿堂入りを果たしたデビッド・ロビンソンが『#NBATogether with Ernie Johnson』に出演し、1997年からチームメートになったティム・ダンカンの印象について語った。1987年ドラフト全体1位指名でスパーズに入団したロビンソンは、海軍兵学校出身のため2年間海軍で兵役に就かなければならず、NBAデビューを飾ったのはそれから2年後だった。 それでもロビンソンは前表何通りの活躍を見せ、デビューから8シーズンで7回オールスターに選出されるなどエースとしてチームを牽引した。そして、1997年に彼と同じくドラフト全体1位指名でダンカンがチームに加わった。ロビンソンはダンカンの印象をこう語った。 「ティムは謙虚な男だ。僕は自分のことを寡黙だと常に思っていたけど、彼に会って自分はうるさい奴だと思ったよ。入団してきたときティムは控えめだったが、プレーは本当に素晴らしかった。彼のプレーを初めて見たとき『とんでもない選手が来たな。これからが楽しみだ』と思ったよ。ティムが僕よりもすごい選手になるとは思っていなかったけど、良い選手になると確信していた」 「頼りになる戦力が加わったことで、優勝できるチャンスが一気に広がった。人生の転機が訪れたんだ。心からワクワクしていたよ」 ロビンソンはダンカンと共に『ツインタワー』を結成し1999年、引退した2003年にNBA優勝を成し遂げた。ダンカンは2005年、07年、14年にも優勝し合計5つのチャンピオンリングを手に入れた後、2016年7月に現役を退いた。ロビンソンはベストチームメートとしてダンカンと現ウォリアーズヘッドコーチのスティーブ・カーの名前を挙げている。 ダンカンは現在スパーズでヘッドコーチのグレッグ・ポポビッチの下アシスタントコーチを務めている。2020年4月には急逝したコービー・ブライアント、ケビン・ガーネットとともにバスケットボール殿堂入りをすることが発表された。

バスケット・カウント

【関連記事】