Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【日本ダービー予想】 コントレイルの2冠阻止なるか? 日刊紙記者が教える“打倒コントレイル”の旗頭2騎/JRAレース展望

配信

netkeiba.com

 日刊紙の競馬記者は、予想だけでなくレースの後に勝ち馬のヒーロー原稿を書くのも大事な仕事。自分が本文を担当した馬はその後も印象に残るもので、最近では弥生賞のサトノフラッグがそう。武豊騎手が「3~4角を回ってくる感じはお父さん(ディープインパクト)を思い出しましたね」と、同レースを制した偉大な父との共通点を感慨深そうに語っていた。いつも粋なコメントで記者としては大変ありがたい存在の武豊騎手だが、本当にうれしそうに話す姿に単なる“リップサービス”ではなさそうだなと感じた。  その弥生賞が重馬場。すっかり道悪巧者のイメージも付いたが、ここ2カ月で何度も取材した国枝師は「重よりは良馬場で走らせたい」と一貫したジャッジ。実際に、未勝利(東京芝2000m)と1勝クラス(中山芝2000m)は良馬場でキレキレの走り。前走の皐月賞(5着)は、(本当は苦手な)やや重も影響したイメージ。デビューから一貫して2000mを使われ、今年のメンバーのなかでは距離延長にも合いそうだ。良馬場なら反撃がある。  もう1頭挙げるならダーリントンホール。デビュー前から評判は高く、世界のゴドルフィンが擁する当世代でナンバーワンの評価。共同通信杯の勝ちっぷりを見れば、中山コースよりは明らかに東京向き。コントレイル(皐月賞V)、デアリングタクト(桜花賞、オークスV)と、非ノーザンの馬が活躍する今年のクラシックで忘れてはいけない1頭になる。 (文=スポーツニッポン記者・高木翔平)

【関連記事】