Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「メールの言葉遣い、きつくない?」オンラインで仕事、外国人の悩み 語尾につけたら優しく…魔法の言葉【#コロナとどう暮らす】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

日本で働く外国人も、「ソーシャルディスタンス」を保つため、ビデオ会議やチャットやメールでのやりとりなど、オンライン(インターネットを使って話したり、書いたりすること)の仕事が増えています。日本人と同じように「対面だったら伝わっていたことが、伝わりにくくなった」と不安になる人もいます。日本語にまだ慣れていない外国人にとっては、なおさらで、メールの語尾が「優しくなるよう」独自の工夫を考えている人もいます。突然、オンラインのやり取りが増えて戸惑っている日本人もいるはずです。外国人にも、日本人にも役に立つ、「オンラインでもやさしく伝わるコツ」を考えました。 メルカリの「やさしい在宅勤務のコミュニケーション術」とは?

「親切なやりとりが減ってしまった」

「オンラインが増えた結果、『この人は、怖い、きつい人だ』と誤解されていないか、心配になります」 日本で暮らす外国人女性を支援する市民グループ「外国人女性の会パルヨン」が開催した、コロナ禍の悩みを聞くオンラインミーティング。 日本で働く韓国出身の女性は、冒頭の不安を口にしました。 女性は、東京に暮らして7年目。画面越しで聞くと、日本語はコミュニケーションに支障がないように思えるほど、流暢です。 しかし、女性によると「文章を書くのは苦手です。特にメールは、外国人が慣れていない日本語で書こうとすると、つい、表現がストレートになってしまいます。きついことを書いているつもりはないのですが、日本人には『きつい』と見えるようです……」と話します。 女性の勤務先ではコロナ禍でオンライン化が急速に進み、それまでほとんどなかったメールやチャットでのやりとりが、メインになったそうです。 記者は、オンラインのテキストなら自動翻訳が使いやすく、日本語が苦手な人にとっては、便利だろうと思っていました。しかし、女性は「私は仕事ではGoogle翻訳は使いません。間違えてはいけないからです」と言います。 パルヨンの代表理事で、フィンランド出身のハッカライネン・ニーナさんは、「オンライン会議やメールでの連絡が主流になると、参加者は一律に、日本人と同じレベルのコミュニケーション力が求められます。これまでの対面での会議なら、外国人の表情などから察して『理解できている?』と気遣ってフォローしてくれる人もいました。でも、オンラインになって、そうした親切なやりとりが減ってしまったように感じる人は多いようです」と指摘しました。

【関連記事】