Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グーグルの「Pixel Buds」は、Android端末と最も相性のいいイヤフォンに生まれ変わった

配信

WIRED.jp

驚くほど長い時間を要したが、グーグルはようやくまともなイヤフォンをつくってくれた。2018年発売の初代「Pixel Buds」は分厚いキノコ形で、着ける人をフランケンシュタインのように見せてしまう不格好な代物だった。充電ケースはばかでかく、音質はそこそこ。何とか勇気をふるって耳に差し込んだまま出かけると、アップルの「AirPods」を着けた人全員が自分を見て笑っているような気がしたものだ。 【画像】グーグル「Pixel Buds」をもっとみる グーグルがPixel Budsの名称を変えずに改良版を発表した19年の秋、期待は失望へと変わった。ワイヤレスになって再登場したものの、同様の製品はアップルやサムスン、アマゾンからも発売されていた。それにスペックだけ見ても、特に目を引く点はない。 バッテリー寿命は5時間と短く、11時間の連続駆動時間を誇るサムスン製品との違いは特に大きかった。おまけに179ドル(約19,000円)という価格は、アップルのAirPodsを20ドルも上回っていた[編註:日本ではPixel Budsは現時点では未発売]。 ところが、どういうわけかグーグルのちっぽけで丸っこいイヤフォンに心を奪われている。Androidスマートフォンのユーザーだけに、特にほかのどのワイヤレスイヤフォンにも勝る魅力があると感じられたのだ。

軽さにおいてもトップクラス

新しくなったPixel Budsには充電ケースが付属している。デンタルフロスの容器にそっくりなAirPodsのケースと同じような大きさとデザインだ。しかし、アップルのほうが光沢のあるプラスティック製であるのに対し、こちらはより丸みを帯びたマット感のあるしゃれたケースに仕上がっている。かわいらしいタマゴのような外観だ。 左右のイヤフォンをつなぐケーブルはなくなり、サイズは小さくなっている。耳の内側に安定させるために、どんな工夫がされているのだろうか。ふたつのイヤーパッドには、肌なじみのよいシリコーン製イヤフォンチップに包まれた象の鼻のような形の音導管がついており、上部から突き出た小さなフィンが安定性を高めている。 このデザインのおかげで、フル充電後の5時間ずっと装着していても、先端部分が固いAirPodsを5時間使い続けたときのような耳の痛みを感じずに済む。快適さの理由はシリコーン製のイヤーチップだけではない。Pixel Budsは軽さにおいてもトップクラスである。

【関連記事】