Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『テニミュ』『刀剣乱舞』『黒子のバスケ』……2.5次元のトップランナー黒羽麻璃央『AERA』表紙に初登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 2.5次元のトップランナーの一人、黒羽麻璃央を表紙に起用した『AERA 9月14日号』が、9月7日に朝日新聞出版より発売された。  大人気ミュージカル『テニスの王子様』でデビューし、「ミュージカル『刀剣乱舞』」や舞台『黒子のバスケ』など、名だたる2.5次元舞台に出演する黒羽。「美背中」で知られる黒羽の魅力を十二分に生かしたアングルを、蜷川実花が撮影した。  3ページのカラーグラビア&インタビューでは、「2.5次元の仕事が途切れなかったのに抱いた葛藤」について明かしている。「辞めようかな」というところまで思い詰めた黒羽を救ったのは、両親の一言だという。その言葉のおかげで「本格的に役者でやっていく決心がつきました」と黒羽。努力の末につかんだ『エリザベート』への出演は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う上演中止で果たせなかったが、いま、俳優として「体が二つあればいいのに、と思うことも増えました。すごく幸せなことだと思っています」とインタビューを締めくくった。  今号の巻頭特集は「コロナ禍の異変 子どもの7割にストレス」。長期の休校に始まり、外出自粛、行事の中止、夏休みの短縮などがじわじわと子どもたちを苦しめている。SOSを見逃さずに受け止めて、対処するためのノウハウを取材した。  また、直木賞作家の桐野夏生と井上荒野が「ハマった」という『愛の不時着』とヒョンビンについて語り合う対談も掲載。2人の心をとらえたのは、ヒョンビンの「異常なほどのカッコよさ」はもちろん、日本のドラマでは成立しないかもしれない「自己犠牲を伴う愛」と、リ・ジョンヒョク&ユン・セリの「フェア」な描き方。名シーンが撮影されたロケ地のいまをとらえた写真とともに、ヒョンビン愛を語り尽くしている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】