Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<エール>「また、あの世で。ふふっ」夫婦の絆に視聴者涙!際立つ薬師丸ひろ子&光石研の円熟味

配信

ザテレビジョン

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。6月16日の第57回では音(二階堂)の父・関内安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)の夫婦の絆が描かれ、感動を呼んでいる。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】安隆(光石)の遺骨を海に撒く光子(薬師丸)と娘たち。感動を呼んだ名シーン ■ 「ありがとう。また、あの世で」 作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く本作。めきめき才能を発揮する古山裕一を窪田が、その妻・音を二階堂が演じる。 6月15日からの第12週は、特別企画「アナザーストーリー」を放送中。57回「父、帰る後編」は、早くに亡くなった安隆があの世の“クジ”で地上へ一泊二日の旅を当て、関内家へとやってきた。 安隆が、まさに“幽霊”を連想させるような装束姿で現れたり、三女・梅(森七菜)を「うらめしや~」と脅かしたり、導入はコメディタッチだが中身はしっかり家族の物語。 友人に先を越された悔しさに苦しむ梅を「負けを認めるってことは大切なことだ」と励まし、店で働く職人・岩城(吉原光夫)が光子に思いを寄せていることを知らされても「お父さんは嬉しい。2人とも大好きだから」と笑顔を見せるなど、安隆のおおらかな人柄が滲むエピソードが描かれた。 そして、別れの時。「仕事も、子どもも…大変だったな」と安隆がねぎらいの言葉をかけると、光子は涙をこらえ「あっという間だった」と精一杯の笑顔に。2度目の別れのつらさを乗り越え「ありがとう。また、あの世で。ふふっ」と送り出した。 夫婦のつかの間の再会に、視聴者からは感動の声が上がった。「光子さんと安隆さんの夫婦、最高にキュート」「光石研さんと薬師丸ひろ子さんの演技に泣かされた」「いつも以上に沁みた…」といった声でにぎわった。 ■ 「セーラー服と機関銃」懐かしむ声も 薬師丸の高校2年生時に撮影され、出世作となった1981年の映画「セーラー服と機関銃」には、泉(薬師丸)を応援する“高校生トリオ”のひとりとして3歳年上の光石も出演している。当時を知るファンからは「感慨深い」「光石研さんはずーっと薬師丸さんの応援団!」など約40年前に思いをはせる声も。 時を経て、共に日本のドラマや映画に欠かせない存在となった薬師丸&光石が、今回じんわりと染み渡るような夫婦の絆を感情ゆたかに表現した。 光石演じる安隆は早くに、しかも突然亡くなってしまったため、今回のスピンオフであの世から舞い戻り、夫婦の絆を見せてくれたことは、ファンにとっても嬉しいサプライズ。なお6月29日(月)からは「エール」第1週からの再放送が予定されており、第2週には在りし日の安隆と関内家ももう一度登場する。 第12週・特別企画「アナザーストーリー」はまだ続く。6月17日(水)は、古山家の近所の喫茶「バンブー」の店主・梶取保(野間口徹)と妻・恵(仲里依紗)の馴れ初めを描く第58回「古本屋の恋」を送る。 (ザテレビジョン)

【関連記事】