Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デジタルドル、2層構造の構想を提案──アクセンチュア、元・商品先物取引委員長らが考案

配信

CoinDesk Japan

アクセンチュアの幹部や、米商品先物取引員会の元会長らが参画するデジタルドル・プロジェクト(Digital Dollar Project)は5月29日、米ドルの中央銀行デジタル通貨(CBDC)の構想を初めてホワイトペーパーにまとめた。 デジタルドルは、世界の基軸通貨としてのドルの地位を維持し、現在の金融システムよりも多くの個人や組織・団体にサービスを提供することができると、ホワイトペーパーに記された。 同グループには、アクセンチュアから多くのアナリストやディレクターが協力しており、同社シニア・マネージング・ディレクターのデビッド・トリート(David Treat)氏 や、商品先物取引委員会(CFTC)の委員長を務めたJ・クリストファー・ジャンカルロ(J.ChristopherGiancarlo)氏らが運営の指揮をとっている。今年1月には、アクセンチュアと共同でデジタルドル財団も設立した。 「新たなデジタル時代におけるお金の未来についての議論が、グローバルに展開される中、アメリカが果たす役割についての議論がさらに進んでいくことを望んでいる」とクリストファー・ジャンカルロ氏はCoinDeskの取材で述べた。

2層構造のシステム

ホワイトペーパーは、現行のアメリカの金融システムを検討したうえで、「2層の流通構造」を持つデジタルドルを推奨している。商業銀行と当局が認めた金融機関は、中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会) と、一般のユーザーとをつなぐ仲介的な役割を果たす。 銀行は、ATMが消費者に現金を流通させるような役割を果たし、またデジタルドルは民間のステーブルコインと並行して運用することすらできるとホワイトペーパーには記されている。 「宇宙開発やインターネットを創造した時のように、アメリカで大きな構想を実現するときには、ほぼ必ず健全な官民の連携があり、互いに学び合い、民間セクターは(中略)イノベーションをもたらし、政府はプライバシーや個人の権利と自由といったコア原則に留意し、バランスを取ってきた」とジャンカルロ氏は言う。 「2層の銀行システムは現行の流通構造とそれに関連した経済・法的メリットを維持しつつ、イノベーションとアクセシビリティをもたらす」(ホワイトペーパー)

【関連記事】