Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

»»転職編 ライフ・シフト達成のカギ(1) 最低限押さえたい情報収集術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済
»»転職編 ライフ・シフト達成のカギ(1) 最低限押さえたい情報収集術

情報量が豊富な転職サイトには総合型(左)と、IT系専門のような特化型(右)がある

<2018年2月17日号> 転職を思い立ったとき、まずは身の回りのキーパーソンを洗い出そう。学生時代の友人や取引先、現職・OBにかかわらず会社の先輩や同僚などだ(下表1)。 特に一緒に働いた経験のある人は、「あの会社が人材を募集しているが、君なら合うんじゃないか」といったように、相性も考慮したうえで情報を提供してくれる可能性がある。 頼れそうな人脈を把握できたら、転職サイトに登録して情報の量をカバーしたい。リクナビNEXTのような総合型と、IT系専門のレバテックキャリアのような特化型がある(2)。サイト上で希望する勤務地や職種、年収などの条件を入力すると該当する求人が表示される。条件に合った求人の情報がメールで送られてくる場合もある。

本文:730文字

写真:2
  • (写真:週刊東洋経済)

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込55
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

黒田 真行 :ルーセントドアーズ 代表取締役