Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple、5G対応の「iPhone 12」発表 「MagSafe」搭載、8万5800円から

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia NEWS

 米Appleは10月13日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、6.1インチの有機ELディスプレイやデュアルレンズカメラを搭載。カラーバリエーションは5色。2019年に発売した「iPhone 11」の後継モデルにあたる。日本でも10月16日から予約を受け付け、10月23日に発売する。価格は8万5800円(以下、税別)から。 【画像】主なスペック  本体サイズは71.5(幅)×146.7(奥行き)×7.4(高さ)mm、重さ162gで、6.1インチ(2532×1170ピクセル、460ppi)の有機ELディスプレイを搭載する。  ディスプレイサイズを維持しつつ、ディスプレイの外側(ベゼル)を減らしたことで、旧機種の「iPhone11」と比較して本体サイズを15%小型化することに成功。同様に、本体の厚さは11%薄くなり、重さは16%軽量化した。ピクセル数は2倍になった。  本体のデザインは全体的に角張っており、「iPhone 5」などに近いものとなった。  アウトカメラは旧機種の「iPhone 11」と同様、超広角と広角のデュアルレンズの構成。いずれも有効1200万画素で、開口部は超広角がF2.4、広角がF1.6。超広角レンズでは120度の視野角で撮影が可能。  SoCは最新の「A14 Bionic」を採用。同社によると「スマートフォンのチップとしては最速」という。  カラーバリエーションは新たにブルーが追加され、5色展開となった。  新機種からは本体背面にマグネットを搭載し、ワイヤレス充電「MagSafe」が搭載された。  一方、AirPodsなどのワイヤレスイヤフォンが普及したとして、有線イヤフォン「Earpods」の同梱が廃止された。環境への配慮として、他社製品も含め、多くの製品が流通していることから、電源アダプターも同じく同梱が廃止された。  ストレージ容量と価格は、64GBが8万5800円、128GBが9万800円、256GBが10万1800円。

【関連記事】