Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】 2001年5月7日 WWF TAJIRIvsFUNAKI

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 2001年5月7日 WWF TAJIRIvsFUNAKI! TAJIRIのWWFデビュー戦は日本人対決! TAJIRIは1994年にI.W.A.JAPANでデビューを果たし、EMLL、大日本プロレス、CMLLと団体を渡り歩いて世界レベルの実力を身に着け、デビューからわずか4年でECWへ!さらにスペル・クレイジーとのライバル関係から飛躍してトップ選手になりました! そして2001年にECWの最後を看取ってからWWFへ入団。 TVマッチは初登場のTAJIRIでしたが、ECWの主力選手ということで知名度は抜群!観衆の大歓声を受けてキリリとした凛々しい表情でTAJIRIが入場します! 対するFUNAKIは、このときTAKAみちのくと結成した“KAIENTAI”で人気を博しており、この日も二人で名物の口とセリフが合っていない空(カラ)マイクを披露!(海なのに空なのね・・・とつぶやいた私の声など届きません) FUNAKIはその人柄と実力を評価され、なんと13年もWWEに在籍した選手で、一時はSMACKDOWNであのジ・アンダーテイカーに次ぐ古株になっていたというレジェンドです! 試合が始まると、TAJIRIはFUNAKIをトラースキックで蹴っ飛ばし、ふわりと決めちゃうニールキック、座りコブラツイストにお尻ペンペンのTAJIRI節! 会場から大声援が飛びますが、ちびっ子の声援も多いなかなかの人気者!きっとみんなECW観てたんですね(笑) TAJIRIはハンドスプリングエルボーやバズソーキックを決めるものの3カウントは奪えず、最後はFUNAKIのリバーススイングDDTに破れます。しかし、この後どんどんWWEで登り詰めていき、“プロレス界のメジャーリーガー”と呼ばれる程になりました! TAJIRIは2005年にWWEを退団して日本に戻ってからはハッスルに所属し、新日本プロレスでは棚橋弘至や永田裕志との抗争を展開! その後もSMASH、WNCと自らの団体を旗揚げし、現在は全日本プロレスを主戦場としています。2018年にTAJIRIがGAORA TV チャンピオンシップを戴冠した際にはTwitterを駆使した防衛ロードを展開し話題を呼びました。 昨年12月には三冊目の著書『プロレスラーは観客に何を見せているのか』を発売するなど、リングの内外で話題を呼ぶ、まさに世界レベルのエンターテイナーだと思います! 今日もプロレス最高っ!

【関連記事】