Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安室奈美恵、ひそかに“商標登録”されていた! 復帰を画策する2人のプロデューサー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「安室さんの晩年の活動の“キーマン”だった人物たちが“復帰”を画策しているようです」(芸能プロ関係者) 【写真】細眉・ホットパンツの安室、制服コスプレの安室  '18年9月16日に芸能界を去った安室奈美恵。引退から2年がたつが、再スタートは、そう遠くないようだ─。  「コンサートのプロデュースを担当していた企画・運営会社の代表で音楽プロデューサーのA氏と、安室さんのグッズの製造・販売を請け負っていた会社を経営するB氏が、'21年9月の復活に向けて、動いているといいます」(同・芸能プロ関係者) 

復活のタイミングは2021年

 ラストコンサートにも2人は大きく関係していたという。 「引退公演チケットは、電子チケットサービス『チケットボード』で販売されました。こちらの運営には、A氏とB氏も関わっていると言われており、グッズはB氏の会社が請け負っていました」(レコード会社関係者)  なぜ、復活の時期が'21年になったのだろう。 「引退してから世間の関心をどれだけ引っ張れるのかとなったときに、移り変わりの早い今の社会情勢だと“2~3年が限界ではないか”という話になったそうなんです。今年は、本来であれば東京オリンピックが開催されていたので、五輪後には世間の話題も乏しくなるだろうという考えから、復活タイミングを'21年に持ってきたといいます」(前出・芸能プロ関係者)  引退から1年後の'19年9月16日、彼女の“引退日”には、沖縄県内で安室の楽曲と花火をシンクロさせたイベント『WE(ハート)NAMIE HANABI SHOW』が開催された。  「引退ライブ、翌年の花火イベントと続き、今年も昨年同様のイベントを計画していました。花火イベントは安室さんの楽曲が使われますが、本人が登場するわけではありません。それでも“年イチで欠かさず続ける”のは、彼女を過去のものにしないという、復帰計画を見据えているからでしょう。ただ、今年はコロナ禍で通常開催は難しいということで、オンラインでの開催となりました」(同・芸能プロ関係者)  オンラインイベントながら、グッズは非常に充実。フェイスタオル、マグボトル、グラス、ポーチ、マスクケース……。ちなみに、Tシャツはチケットとセットになっている。

【関連記事】