Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボストングローブ、広告収入は30%減もサブスクは35%増

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

米紙「ボストングローブ(The Boston Globe)」や「Boston.com」の発行元であるボストングローブメディア(Boston Globe Media)では、トラフィックが前年比で倍増しているにもかかわらず、広告収入が落ち込んでいる。この現象はもはや驚くには当たらない。 これも驚くには当たらないのだが、彼ら新しいビジターが定期購読者化している。ただし、同社にとって、未曾有の成長を示唆する数字ではない。ボストングローブメディアで最高営業責任者を務めるケイヴァン・サルマンプール氏によると、この10週間で、デジタル版のサブスクリプションは35%増加した。 サルマンプール氏の説明では、現在起きている大きな変化を背景に、読者のコミュニティを形成するような製品が生まれている。グローブの編集者たちも、このコミュニティで助言を提供したり、会話に参加したりする。 これらの製品を通じて、サルマンプール氏の部署では、従来のビジネスモデルでは獲得できなくなったスポンサー収入を回復しつつあるという。 サルマンプール氏は、「ニューノーマル」シリーズの最新記事で、ボストングローバルメディアが短期的に対処すべき課題や、コロナ以降も存続が予想される事業について語っている。

トラフィックは増加しても、オーディエンスはマネタイズできない

この3月、ユニークビジター数は前年同月比で2倍に増えたが、「皮肉なことに、広告収入は減っている」とサルマンプール氏は語る。 同氏によると、コロナ渦中、広告収入は全体で30%から35%程度落ち込んだ。プログラマティック広告への打撃はこれより若干小さく、20%から30%減にとどまっている。これは、トラフィックの増加が広告単価(CPM)の低下を相殺していることによる。ただし、ボストングローブの広告構成において、プログラマティックが占める比率は概して大きくない点にも、サルマンプール氏は言及した。 2019年には、10万ドル(約1090万円)を超える案件に増加傾向が見られたが、現在、「大口の案件は減っている」と同氏は打ち明ける。幸い、彼の部署では、小口に分割できる、比較的大型のコンテンツ企画が売れているという。

【関連記事】