Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元KalafinaのKEIKO、初のソロ・ライヴを開催 アルバム発売の発表も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 元KalafinaのKEIKOが、9月6日(日)東京・渋谷 CLUB QUATTROにて、ソロ・デビュー後の初ライヴ(有観客配信ライヴ)〈“KEIKO First Live K001 ~I’m home~” 〉を開催しました。  本公演は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、本来10月から予定していたツアーの開催が中止となり、多くのファンから早くライヴを開催して欲しいとの多数の声の後押しを受け、いち早くライヴを観ていただきたいという思いのもと、実現に至りました。ライヴパフォーマンスとしては、2019の梶浦由記ライヴ・ツアー〈Yuki Kajiura LIVE TOUR vol.#15 ~The Junctions of Fiction 2019~〉以来、約1年ぶりとなります。  ライヴでは、臨場感溢れるバンド編成のサウンドをベースに、“元Kalafina”のプロデューサーであり、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の劇中音楽を担当している、梶浦由記が曲を書き下ろし、KEIKOが歌詞を書いて完成した楽曲「七色のフィナーレ」の初披露や、KEIKO自身が学生時代に音楽に目覚め、歌手になるきっかけとなったアーティスト、尾崎 豊の名曲の一つである「I LOVE YOU」を初カヴァーするなど、本編11曲とアンコール1曲の計12曲を披露。今回は初歌唱披露した「命の花」「Be Yourself」をはじめ、自分の声に向き合い、曲に対するアプローチを試行錯誤しながら現在制作中の新曲や音楽的ルーツとなる曲を織り交ぜながらのライヴ構成となりました。  また、ライヴ中のMCでは、12月2日(水)に1stアルバムの発売も決定したことを報告。KEIKOは「アルバム、12月2日にでます。そのアルバムには梶浦さんから曲を書いてもらっちゃったんです。作曲:梶浦由記、作詞:KEIKO、そして、編曲:清水信之、ギター:是永巧一と、わぁっ!!ってなる布陣で1曲作っていただきました」とコメントしています。

【関連記事】