Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

玉木宏インタビュー「この年齢になって初めて、自分らしさが表現できるようになった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Numero TOKYO

自分自身の今に影響を与えた人物や、ターニングポイントとなった出来事、モノ、場所との出合い。それをきっかけに変化し成長した自分を振り返る。玉木宏のビフォー&アフター。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年5月号掲載) ──1月に40歳になりましたが、40代の実感はありますか。 「先日、妻夫木(聡)君と久しぶりに食事に行ったんです。映画『ウォーターボーイズ』が2001年公開だから、もう20年ぐらいたつんだなと話をしていました」 ──早いですね。定期的に連絡は取り合ったりしているんでしょうか。 「お互いに忙しいから、しょっちゅう会うのは難しいですけど、なんとなくお互いの活動は把握しています。『ウォーターボーイズ』では、合宿に1カ月半、撮影に1カ月半をかけて、ずっと共同生活をしていたので、一つの作品ではあるけれど、僕らの青春そのものでもある気がして。あの作品で出会った仲間は、数年ぶりに会っても、あの頃の気持ちのまま話せるんです。不思議な関係ですね」 ──あらためてこの20年を振り返ってみて、いかがですか。 「昔は尖った部分も必要だから常に前に出ようと意識していましたが、もともとそういうタイプではないので、20代後半のあたりからマイペースでもいいかなと、少しずつ肩の力を抜いてやってきました。いま周りを見ると、いい落ち着きを保って活動している同世代の俳優が多いですね。この年齢になって初めて、自分らしさが表現できるようになったりもしますし。これが大人になったということなのかもしれません」 ──20代の頃は王子様的なイメージがありました。当時は葛藤も? 「俳優をやっていると、どうしてもパブリックイメージが出来上がってしまいます。『のだめカンタービレ』では、ルックスが良くデキる人の役をやらせていただきましたが、普段の僕は全然爽やかではないし、もっと泥くさい。自分には違う面があって、それを見せたいという欲が、いい意味での反発心となって、自分のエネルギーになっていたと思います」 ──もし、今「イケメン俳優」から脱却を模索している俳優がいるとしたら、どうアドバイスしますか。 「自分の場合は、何かがあって急激に変わったわけではないのですが、変わりたいと思う気持ちを持ち続けていると、結果的に少しずつ変わることができるのではないかと思います。それから、一人の人間として等身大でいることも大切です。自分も等身大でいるためにはどうしたらいいか、考え込んだ時期もありました」 ──これまでのキャリアの中で、ターニングポイントは? 「この時期だとか、この作品だということはないのですが、あるとすれば30歳になったときです。20代は大人に見せたかったけれど、もう背伸びをしなくてもいいと思ったら仕事もさらに楽しくなって、30代はあっという間に過ぎてしまいました。今年40歳になりましたが、40代は30代よりも楽しくなる予感がします。40歳は2回目の成人式のようなものですよね。20歳の頃を一緒に過ごした仲間と縁があって再会できて、妻夫木君ともあの頃とは違うステージから、当時を俯瞰した話ができたりして面白いです」 ──40代がより楽しくなりそうだというのは気負いがなくなるから? 「それもありますし、僕らもある程度の経験を積んできたので、次は僕らが行動する世代なのかなと思います。40歳からがターニングポイントになれるように、楽しんでいければと思います」

【関連記事】