Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【UFC】無敗対決! 王者アデサニヤが最強挑戦者コスタを迎え撃つ「発展途上のチャンピオンが“試される”王座戦。コスタは今がアデサニヤを倒すチャンス」(高阪)=9.26『UFC253』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

 2020年9月26日(日本時間27日)、アラブ首長国連邦アブダビの「UFC Fight Island」にて『UFC253』が開催される。 【写真】長い蹴りでロメロを崩すアデサニヤ  メインイベントでは、MMA19勝無敗の王者イズラエル・アデサニヤ(ナイジェリア)が、MMA13勝無敗の最強挑戦者パウロ・コスタ(ブラジル)を迎え撃つ、UFC世界ミドル級タイトルマッチが行われる。  さらにライトヘビー級で、ジョン・ジョーンズのタイトル返上を受けて、ドミニク・レイエスvs.ヤン・ブラホヴィッチのライトヘビー級暫定王座決定戦も行われる。  W王座戦が行われる週末の『UFC253』から、メインイベントのミドル級タイトルマッチの見どころを、WOWOW『UFC -究極格闘技-』解説者としても知られる“世界のTK”高阪剛氏に語ってもらった。 ──『UFC253』のメインイベント、ミドル級タイトルマッチは、19戦全勝の王者イズラエル・アデサニヤと、13戦全勝の挑戦者パウロ・コスタによる、全勝対決となりました。 「まさにミドル級の頂上対決。しかも、両者ともにKO率が高いストライカー同士ですから、これは楽しみですよね。どちらも打撃で相手をフィニッシュするファイターですが、タイプ的には対照的なんです。簡単に言うと、アデサニヤは長い手足を駆使した蹴りも含めた変則的な打撃の使い手で、コスタはインファイトでKOを狙う正統派のハードパンチャー」 ──とくに至近距離からのフック、アッパー、ボディブローは強烈なものを持っています。 「また試合の作り方も、コスタは相手の出方を見るのではなく、自分から手を出して距離を潰して強いパンチを叩き込んでいるので、自分の“倒す力”というものをしっかり認識して試合をしている。それに彼は打撃のKO勝利が多いですが、もともとは黒帯を持っている柔術ベースの選手です。だから、もし組みの展開になっても“そこからも攻めることができるぞ”という自信を持ちつつ試合をしているのも大きい」 ──組まれることを恐れずにインファイトにいけると。 「そうですね。じゃないと、あれだけ距離を潰せませんから。それに対してアデサニヤは逆で、自分の距離で試合を進めたいタイプ。しっかり“結界”を張って、相手を中に入れない技術が高いのと、あとはロバート・ウィテカーとのミドル級王座統一戦のように、“ここから強い打撃は打てないだろう”というような体勢からでも、相手をKOできるくらいの強い打撃が打てる選手なので。相手が下手に踏み込んでいけないというところがあるんですよね」 ──ではこの試合のポイントは、シンプルに言えば、コスタはいかに距離を潰してインファイトに持ち込めるか。逆にアデサニヤは、いかに中に入れさせずに自分の距離で戦えるか、ということになりますか。 「そうなるでしょうね。で、アデサニヤとコスタの両方が対戦しているヨエル・ロメロ戦というのが、それを考えるひとつの材料になると思うんですよ」 ──前回、アデサニヤはヨエル・ロメロ相手に防衛戦を行い、判定で勝ちはしましたけど、ずっと距離をとって“お見合い”の展開になり、大ブーイングを浴びる結果となりました。 「アデサニヤっていうのは、もともと離れた距離で戦う選手だし、なおかつ相手にも中に入らせないようなプレッシャーをかけるので、お見合いになる可能性は確かに高いんですよ。ただ、ああやって前に出てこない相手に対して、自分がイニシアチブを握ることができなかったこともたしか。だから、前回のロメロ戦を“やっちまった”と本人が認識しているかどうかで、今回の試合のやり方も違ってくると思うんです」 ──コスタとロメロは、同じような背格好のハードパンチャーなので、前回の戦い方を修正してくるかどうかが、ひとつのポイントだと。 「一方、コスタの方は、あのタフなロメロと真っ向から殴り合いを展開して、僅差の判定でありながら殴り勝っている。それは自信になったと思うんですよ。ロメロの打撃に倒れなかったという、打たれ強さも証明しましたしね」 ──では、同じロメロ戦で考えると、コスタの方がメンタル的にいい状態で臨んでくるかもしれないですね。 「コスタからしたら、ロメロに真っ向勝負で勝っている。アデサニヤはポイントを取って、ギリギリ勝っている。相性もあるので一概には言えませんが、精神的にはコスタにとってプラスにはなっていると思うんですよ」 ──ロメロの強打にも怯まなかったので、もしアデサニヤの打撃を何発かもらっても、構わず前に出てくるかもしれません。 「コスタのやりたいことは明確なんです。距離を潰せるタイミングがあれば、間違いなくいく。1ラウンド中、5分間ずっと前に出続けることは無理なので、お互い遠い間合いを取る中、例えばコスタが2~3回仕掛けることができれば、よっぽどクリーンヒットをもらわないかぎり、ジャッジはコスタにあげますよね」 ──たしかにそうなれば、コスタの方が攻めているという形になります。 「そういうことを考えると、アデサニヤにはもう一つ武器がほしい。例えば、もっとヒジが使えるようになるとか、腕を畳んでの近い距離でのパンチだったりとか。あとはグラップリングですよね。もともと首相撲は得意ですけど、組みの展開になっても、相手に主導権を握らせないようにできるかどうか。だから、アデサニヤはチャンピオンですけど、今回はそういったところをどれだけ洗い直してきたかどうかが試されるんじゃないかな」 ──アデサニヤがブーイングを浴びたロメロ戦を経て、どう変わったかが問われる、と。 「“試されるチャンピオン”というのもかわいそうなんですけど、UFCはそういうことがけっこう多いんですよ。前回、UFC252のヘビー級タイトル戦も王者ミオシッチが、いかにして挑戦者コーミエを攻略するかという感じがあったり。UFCチャンピオンっていうのは大変ですよ。毎回、違いタイプの最強の相手と戦って勝ち続けなきゃならないわけですから」 ──しかも、コンテンダー全員が、チャンピオンの戦い方を研究しています。 「だから個人的な希望としては、この前のロメロとの試合後に色々言われたことを発奮材料にしたアデサニヤが見たいですね。アデサニヤはチャンピオンですけど、まだまだ可能性を秘めた発展途上の選手だと思うので」 ──総合格闘技の頂点であるUFC王者でありながら、まだ未完の大器だと。 「覚醒するのはこれからなんじゃないかと思います。逆にコスタにしたら、いまがアデサニヤを倒すチャンスかもしれない。いずれにしても、アデサニヤが前回と比べてどう変わったかがポイントになると思います」(WOWOW 取材/文・堀江ガンツ、写真・Getty Images) ◆UFC 253: Adesanya vs. Costa 2020年9月26日(日本時間27日) アブダビ UFC Fight Island ▼UFC世界ミドル級選手権試合 5分5R イズラエル・アデサニヤ(ナイジェリア) パウロ・コスタ(ブラジル) ▼UFC世界ライトヘビー級王座決定戦 5分5R ドミニク・レイエス(米国) ヤン・ブラホヴィッチ(ポーランド) ▼フライ級 5分3R カイ・カラ・フランス(ニュージーランド) ブランドン・ロイバル(米国) ▼女子バンタム級 5分3R ケトレン・ヴィエラ(ブラジル) シジャラ・ユーバンクス(米国) ▼フェザー級 5分3R ハキーム・ダオドゥ(カナダ) ズバイラ・ツフゴフ(ロシア) 【プレリミナリー】 ▼ライト級 5分3R ブラッド・リデル(ニュージーランド) アレックス・ダ・シウバ(ブラジル) ▼ウェルター級 5分3R ディエゴ・サンチェス(米国) ジェイク・マシューズ(豪州) ▼フェザー級 5分3R シェーン・ヤング(ニュージーランド) ルドヴィト・クレイン(スロバキア) ▼ライトヘビー級 5分3R ウィリアム・ナイト(米国) アレクサ・カムール(米国) ▼ヘビー級 5分3R ジェフ・ヒューズ(米国) フアン・エスピーノ(スペイン) ▼ライトヘビー級 5分3R カディ・イブラギモフ(ロシア) ダニーロ・マルケス(ブラジル) 【放送スケジュール】 『生中継! UFC‐究極格闘技‐ UFC253 Wタイトルマッチ!ミドル級アデサニヤ&ライトヘビー級王座決定戦』 9月27日(日)午前11時[WOWOWライブ]生中継 (WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信) 10月20日(火)午後5時[WOWOWライブ]リピート放送 (WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

【関連記事】