Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

男子プロがパーセーブにヘトヘト…タフなコースの大会はやはり面白い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【日本オープン】最終日  1打差2位発進の稲森佑貴(26)が手堅くパープレーを続け、17番ボギーの谷原秀人(41)をとらえて初めて首位タイに並ぶと、最終18番パー5は残り118ヤードの3打目を50度のウエッジでピン右2メートルにピタリ。稲森はそのバーディーパットを決めて逆転で2年ぶりに日本オープンを制し、ツアー通算2勝目を挙げた。 「今週はラフに入れないのが最大の目標だった。ティーショットを曲げないことをモットーに回り、無駄な一打を打たない。ある意味ガマン大会だと思っていた」(稲森)  最終日最終組の2人は稲森が2バーディー、1ボギーの69。敗れた谷原は1バーディー、2ボギーの71。スコアの伸ばし合いではなく、ボギーをたたかず、数少ないチャンスをモノにできたかが、勝敗を分けたといえる。  しかも今大会は、通常営業ではパー5の4番(503ヤード)と12番(495ヤード)をパー4に変更した。  実質、距離が長くなった2ホールの難易度が一気に増して、大会期間中はパーセーブに苦戦する選手が続出したのだ。 「試合はゴルフをよく知っているファンには面白かったはずです」と評論家・宮崎紘一氏がこう言う。 ■もっと苦労させるべき 「プロがパーを取るのに必死になっている大会の方が、見ている方にもハラハラ、ドキドキのスリルが伝わってくる。しかし、男子ツアーはだいたい大ざっぱなバーディー合戦を演出してばかりで、ラフに曲げても飛ばした方が有利という安易な設定がほとんどです。それではプロのテクニックも引き出せない。実は、大会主催者が、バーディーがたくさん出た方が試合が盛り上がると勘違いしているのです。タフなコースで世界で戦える選手を育てようという気持ちがまるきりないのが問題といえます」  海外に目を転じれば、メジャーの設定はもっと難しい。米ツアーは今では500ヤードを超すパー4は当たり前だ。  今大会はパー70設定で行われたが、ツアー競技はゴルフ場の体裁を考慮してパー72設定ばかり。これでは日本人プロがいつまでたっても、世界レベルに追い付くことはできない。大会主催者はバーディー合戦のお祭り騒ぎに浮かれるのではなく、もっとプロに苦労させるべきだ。

【関連記事】