Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・佐々岡監督「辛抱していくしかない」最下位転落

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「巨人2-1広島」(31日、東京ドーム)  広島が3安打1得点の拙攻で惜敗した。これで4カード連続で初戦を落とし、1点差ゲームは6戦6敗となった。 【写真】球場凍りついた…死球を受けて頭を押さえながら倒れた会沢  四回に西川の2試合連続となるソロで先制したが、広島先発のドラフト1位・森下が四回2死二塁から亀井に中前適時打で同点に追いつかれると2死一、二塁から丸に右前適時打を浴びて逆転を許した。  朝山打撃コーチは「投手陣は頑張ってくれたけど野手陣の力負け。1試合に4、5得点は取りたいという中で1点だった。あしたやり返せるようにしたい」と湿った打線を嘆いた。  佐々岡監督は「あと一本というところで。投手陣が抑えても打線が打てない。かみ合わせの悪さがある。辛抱していくしかない」と厳しい表情だった。  これで借金6。最下位転落となった。

【関連記事】