Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネッシーの撮影についに成功!? 決定的瞬間を捉えた写真を巡り、海外で議論紛糾

配信

FINDERS

英北部スコットランドのネス湖に住む未確認動物・ネッシーと言えば、20世紀最大のミステリーとして、長らくオカルトファンの間でその存在が議論されてきた。 最近はすっかりと話を聞かなくなっていたが、とある男性が撮影した一枚の写真をきっかけに今、再び注目を集めている。

写り込んだ巨大な生き物

英国サウサンプトンに住むスティーブ・チャリスさんは、昨年9月、休暇を使ってネス湖のほとりの観光スポット、アークハート城を訪れていた。大勢の観光客を避け、空いている場所まで移動したスティーブさんは、なにやら水面にさざ波が立っていることに気がついた。不思議に思ったスティーブさんが写真を撮り始めると、なんと大きな生き物の背中が水中から現れた。スティーブさんは生物の撮影に成功した。 その生物の大きさは10mほど離れた位置から確認する限り、全長2.5mはあったという。これが事実であれば、まさしくネッシーと言えるかもしれない。

Facebookで大きな反響

スティーブさんはこの時撮影した大量の写真を見返すことができなかったが、今年に入り新型コロナウイルスによるロックダウンの期間を使い、時間を取ることが出来たという。 そして今年、ネッシーの写真をFacebook上に投稿すると、多くの人が「ネッシーではないのか?」とコメントを寄せた。場所が場所なだけに、もしや、と期待する人も多かったのだろう。 しかし、スティーブさんは至って冷静。『Dairy Record』の取材に、「私が撮影したのはナマズか、海から上がってきたアザラシとかだと思います」とコメント。さらに、「私はネッシーを信じていないですし、もし本当に存在するなら、目撃情報についてもっと論理的な説明があるはずです」と加えた。

ネッシーの専門家がこの写真を吟味

ネッシーの謎を探るブログ 「LOCH NESS MONSTER」 を運営する、ネッシーの専門家、ローランド・ワトソンさんは、スティーブさんの写真自体の信憑性に疑問を持っているようだ。「今年はロックダウンの影響で、遠めに設置されたウェブカメラからの写真しかありませんでしたが、いきなりこの画像が現れたんです」とスティーブさん。 さらに「もしこれが本当にネス湖に住む生き物の写真であれば、ネス湖の歴史の中でもトップ3に入る写真になるはずです。現時点でこの写真は合成で作られた写真ではないかと疑っており、そのことについてスティーブさんと議論をしています」と続けた。 昨年9月には、ニュージーランド・オタゴ大学などの研究チームがネッシーの存在は確認できなかったという研究結果を発表し、その正体は巨大なうなぎのではないかと結論付けた。しかし、本当はどこかにネッシーはいるのではないか、と期待を寄せてしまうのはなぜだろう。

赤井大祐

【関連記事】