Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドムドムバーガー、ファン歓喜の浅草花やしき店 攻めの出店の狙い 「今が期待に応えるべき時」社長の思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

国内で最も古いハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が、老舗遊園地の浅草花やしき(東京都台東区)に9月19日、新店舗をオープンします。ファンからも大きな反響があった、コロナ禍での攻めの新規出店。そこには、「今が出店の期待に応えるべき時」という決意がありました。(北林慎也) 【写真】開店準備が進む浅草花やしき店と限定メニュー

充実の限定メニュー

ドムドムハンバーガーが9月19日に開業する「浅草花やしき店」は、園内のテナントとして出店するテイクアウト専門店。ただし、外側にも販売窓口があり、園外から買うこともできます。 浅草花やしき店では限定商品も充実させます。 黒毛和牛を使用したこだわりコロッケを使った「浅草コロッケバーガー(黒毛和牛使用)」(税込み350円)、定番のてりやきバーガーのボリュームを増やした「ビッグドムてりやき」(税込み450円)といったファン垂涎のメニューが、浅草花やしき店だけで味わえます。 また、人気サイドメニューの和スイーツ「かんりんとう饅頭」は、象のシンボルマーク「どむぞうくん」の焼き印入りバージョンとなり、「どむぞうくん焼印入りかりんとう饅頭」(税込み150円)として限定販売されます。

ピーク時には400店超

そして、これら充実の限定メニュー以上にファンが喜ぶのは、全国27店舗目の「新規出店」という事実そのものです。 ドムドムハンバーガーは1970年、東京都町田市に初出店。 出店はマクドナルド(1971年)よりも早く、国内初のハンバーガーチェーンとなります。 ピークの1990年代には全国に400店舗以上ありましたが、景気悪化に親会社である小売りチェーン「ダイエー」の経営不振などが重なり大量閉店。2017年に運営会社が変わり、現在は全国で26店舗となっています。 店舗数は激減したものの、全盛期に幼少時代を過ごした人たちを中心に、熱心なファンがいるのが特徴です。 今年6月末に閉店した桑名FC店(三重県桑名市)の最終営業日には、閉店を惜しむ多くのファンが詰めかけました。

【関連記事】