Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新型コロナ】千葉県内で33人感染、50代2人に肺炎症状

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県内では25日、33人の新型コロナウイルス感染が判明し、感染経路不明が約半数の16人を占めた。松戸市の50代男性会社員と印西市の50代無職女性の2人には肺炎症状が出ている。  船橋市は市内居住の40代~80代の男性3人が感染したと発表した。このうち、40代男性会社員は入院し酸素吸入を受けている。他の2人は軽症。3人とも感染経路は分かっていない。  市保健所によると、40代男性は16日に発熱などの症状が出て受診し、一時は熱が下がった。その後に再び熱が出て呼吸が苦しくなり、23日に入院。PCR検査したところ、感染が判明した。同居家族や職場同僚などの検査を行う。  80代無職の男性は、22日に発熱などで救急搬送され、入院先でPCR検査をして感染が分かった。  柏市は市内居住の会社員3人の感染を発表した。いずれも軽症。市によると、このうち50代の男性と女性は夫婦。同居する20代の息子の感染が22日、都内の医療機関で判明していた。  30代の男性は17日に発熱や頭痛。感染経路は不明。  一方、県がクラスター以外で感染を発表した21人のうち、浦安市の20代女性看護助手ら12人の感染経路が不明。県によると、看護助手は県内の診療所勤務で、19日にせきが出た。17、19、21日に勤務していた。  同市の30代女性小学校教員、同市の男子中学生、袖ケ浦市の小学生男児は、それぞれ家族の感染が判明済み。いずれも最近学校には行っていないという。  25日に千葉県内で感染が判明した人の年齢層は、50代が10人で最多。次いで10代、30代、40代が各5人、20代が3人、80代が2人。10歳未満、60代、70代が各1人となっている。  居住地別では▽浦安市5人▽松戸市、柏市、船橋市、千葉市、勝浦市が各3人▽八千代市2人▽市川市、鎌ケ谷市、習志野市、印西市、富里市、袖ケ浦市、野田市、白井市、佐倉市、いすみ市、東金市が各1人-だった。  千葉県内で確認された累計の感染者は2834人、死者は60人目となった。

【関連記事】