Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

政府も推進!「ワーケーション」にゴルファーが注目すべき理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

最近、話題の言葉「ワーケーション」。ワーケーションとはワーク(work)とバケーション(vacation)という言葉から生まれたアメリカ発祥の概念だ。本来はいわゆる“リトリート”のような職場から、離れたリゾートでチームがプロジェクトに集中し成果を挙げる手法。それがITの進化で、PC一台で仕事ができるプログラマーなどのギグワーカーを中心に、Wifi環境の整ったところでデジタルツールを駆使し、場所を選ばず心地良い場所で仕事をするスタイルとして知られるようになった。そんな中、世界的パンデミックによる外出自粛の号令は、ここ日本でも、企業のリモートワークを急速に普及させた。これによりホワイトカラーを中心とする会社員が通勤ラッシュからの解放と、働く場所を選択できる自由を手に入れた。つまりワーケーションは、憧れの働き方から今現実的なライフスタイルとなりつつあるのだ。

ゴルフ専門誌「EVEN 2020年9月号(8月5日発売)」において、今話題のワーケーションを取材した。その理由はこの働き方がゴルファーにとってすこぶる魅力的であると考えたからだ。当該企画ではゴルフコーチであり、自身も国内外でワーケーションを実践してきた大矢隆司氏に、ゴルフとワーケーションについて解説いただいている。だが、限られた誌面の都合上、掲載できたのはほんの一部。ここでは、氏のワーケーションに関するインタビューのほぼ完全版を紹介したい。これを読めば、ワーケーションがリゾートで休暇をとりながら仕事をする、ということが魅力のほんの一端であることがお分かりいただけると思う。

大矢隆司さん

ゴルフ活動家。15歳で単身豪州にゴルフ留学。25歳でコースレッスンのマッチングサービスを創業、その後、MBAを取得。温暖なアジアのリゾートを中心にデジタルデバイスを駆使したリモートワークを実践中。

Q.大矢さんの経歴を教えてください

「ジュニア時代にゴルフを始めて、15~18歳までオーストラリアにゴルフ留学をしていました。その頃から日本とのやり取りはEメールなどですることが多く、インターネットに馴染みがありました。帰国後、25歳の時にコースレッスンの会社を起業しました。東京、名古屋、大阪のゴルフコースと契約を結び、そこにコーチを派遣、インターネットで集客したゴルファーをマッチングするというビジネスモデルです。コーチは基本的にゴルフ場の近くに住んでいるので、当然、オフィスに集まってミーティングや研修をするといったことができなかったので、創業した2005年からインターネットを使ったリモートワークをしていました。当時まだ少なったバーチャルオフィスでの働き方を早くから続けてきたこともあり、現在でも国内外でデジタルワークによる働き方をしています」

【関連記事】

最終更新:
FUNQ