Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡太七段、史上最年少タイトルを懸ける大一番 昼食休憩明けで早くも終盤戦の様相

配信

スポーツ報知

 将棋の藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑戦している第91期棋聖戦5番勝負第3局が9日午前9時から東京都千代田区の都市センターホテルで行われている。  正午からの昼食休憩が明け、午後1時に対局が再開された。再開時点で手数は77手に達しており、互いに積極的な指し回しを貫いて早くも終盤戦の様相を呈している。  2勝0敗で王手を掛けている藤井七段は、勝利すると17歳11か月でのタイトル奪取となり、1990年の棋聖戦で屋敷伸之九段(48)が樹立した18歳6か月の史上最年少記録を30年ぶりに更新する。

報知新聞社

【関連記事】