Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【輸入車年鑑 2020】ボルボV60は走りが楽しめるステーションワゴンの魅力に満ちあふれている

配信

Webモーターマガジン

日本でも扱いやすいサイズながらスタイリッシュで実用的でもある

2018年9月に登場したボルボV60は、新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル プロダクト アーキテクチャー)」を採用した定番ステーションワゴン。電動化に積極的なボルボらしく、3種類のPHEVを用意しているのが特徴だ。今回は新刊ムック「Motor Magazine 輸入車年鑑 2020」から、そんな最新のボルボV60の試乗記をお届けしよう。 【写真】リアビューやインパネ、ラゲッジルームなどを見る(全14枚) 最近ではXC90、XC60、XC40といったSUV色が強いボルボだが、このブランドにはもうひとつ、「ステーションワゴン」という、長い歴史に裏打ちされた強力なコンテンツが存在する。 日本では近年市場が伸びていないステーションワゴンだが、欧州では常に一定の需要がある人気のボディ形態。中でもボルボの場合、ミドルサイズのV60はスウェーデンを代表する定番ファミリーカー的なポジションを固めている。 初代V60が登場したのは2010年。現行モデルはXC90が初出しとなった大型車用プラットホーム=SPA(スケーラブル プロダクト アーキテクチャー)を採用し2018年にデビューした2世代目だ。 初代V60は、当時別に容積型ワゴンのV70が存在していたこともあって、スポーティなショートワゴンに仕上げられていた。しかしその後V70はラインアップから外れる。代わりにEセグメント相当のV90が登場したが、これは全長4935×全幅1890mmという堂々たる体躯。サイズ的にも価格面でもV70の後を埋めるには少し無理があった。 そこで2代目V60は、先代からのスポーティな雰囲気を受け継ぎつつも、居住空間とラゲッジスペースをしっかり確保することによって、V70の空席をもフォローする方向で開発された。 ボディサイズは全長4760×全幅1850×全高1435mm。全長はDセグメントワゴンとしてはやや長め。先代より15mmスリムになった全幅は日本市場のリクエストに応えた結果だと言う。 フロントタイヤを前出ししてオーバーハングを短く、ノーズ回りを伸びやかに見せるSPAの特徴はV60でも健在。全高を低く抑えたこともあり、ロー&ワイド感が強調された伸びやかで端正なシルエットのワゴンに仕上がっている。 それでいてパッケージング面にも手抜きはなく、後席のレッグスペースは飛躍的に広くなっていて低いシートポジションでもゆったりと寛げる。荷室容量は定員乗車のシートポジションで529Lを確保。初代V60は430Lだったから大幅なスペースアップだ。40:60分割のリアシートバックを前倒しすれば、最大1441Lまでの拡張も可能となっている。 このようにスタイリッシュかつ実用的なワゴンボディに搭載されるパワートレーンは、日本では3種類が用意されている。 T5モメンタム/インスクリプションは、254ps/350Nmのシングルターボエンジンを搭載するピュアエンジンモデルで、駆動はFWD。T6ツインエンジンAWDモメンタム/インスクリプションと、T8ツインエンジンAWDインスクリプションは、ターボとスーパーチャージャーのツインチャージとしたエンジンで前輪を、87psのモーターで後輪を駆動するプラグインハイブリッド(以下PHEV)モデルとなる。 エンジンや電気系の構成はT6とT8でほとんど共通。マネジメントの違いでT6のエンジンは253ps/350Nm。T8は318ps/400Nmとしている。87psのリアモーター出力は共通だから、T6のシステム総合出力は340ps、T8は405psとなる。 このように3つのパワースペックを有したモデルが存在するV60だが、もっともベーシックなT5でも254ps。これはかなりパワフルと言える数値で、実際ドイツのプレミアムワゴンと比べても、標準モデルのハイパワー版(アウディA4アバントなら45TFSI、BMW3シリーズツーリングなら330i)と肩を並べる。しかもT5はFWDということもあり車体重量が1700kgと比較的軽い。そんなわけなので身のこなしはかなり軽快だ。 最大トルクを1500rpmという低い回転域から発生させるだけあって、走り出しからピックアップが鋭いし、回転の上昇も滑らかかつ素直。6000rpmあたりまで直線的に吹け上がる伸びの良さも楽しめる。さらに8速のスムーズなシフトワークも印象的だった。 フットワークは、積載による荷重変化に対応するというワゴンならではの要件を満たすしっかりしたものだが、同時にしなやかな乗り心地も両立している。軽めの車重に加え、全高の低さも効いていてハンドリングも実に軽やか。こうした軽やかな走りに魅力を感じる向きには、T5はもっともお勧めできるモデルだ。

【関連記事】