Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤングマシンカスタム「ADV150ラリー」プロジェクト始動【ツアラテックとのコラボ】

配信

WEBヤングマシン

’19年末に開催された「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー」投票者の中から抽選で1名様にモニター提供する予定のカスタムマシン「ADV150ラリー」。諸般の事情により、告知して以来だいぶ時間が経ってしまったが、ベース車両を購入していよいよカスタムプロジェクトがスタートした。 【関連写真×15枚】ヤングマシンカスタム「ADV150ラリー」プロジェクト始動

テーマは”都会派×タフ”。ツアラテックとコラボだ

’19年にはモンキー125のヨシムラコラボカスタムで好評を博した、ヤングマシンのカスタムプロジェクト「YMラボ」。’20年はホンダADV150をベース車に、ドイツの名門ブランド「ツアラテック」とコラボレーションが実現。カスタムのテーマを「都会派×タフ」とし、まずは4種のデザイン案を制作した。 これを元にツアラテックジャパンの水谷氏、高橋氏とパーツをチョイスし、フィッティングのイメージを確認。パニアがサイドに大きく張り出すデザインは車格に合わず、1案&2案を採用。トップケースは2案か3案で現在検討中だ。  ――テーマを「都会派×タフ」とし4つのCGデザインを作成。 ――ツアラテックジャパンでは、X-ADVのツアラテック仕様をすでにワンオフ制作した実績がある。アドベンチャーイメージなので、ツアラテックのパーツが良く似合うのが分かる。

イメージに合わせたパーツ選びも進行中

実用性とタフさが両立する機能美がアドベンチャーイメージを引き立てるツアラテックのパーツを、どうやってADV150に取り付けるのか。そして、実際に似合うのか。まずは、相模原にあるツアラテックジャパンのショールームで検討し、車両の両サイドに装着するのは、ソフトパニアとツールボックスに決定した。トップケースはZEGA-Proを採用する想定だが、これらを装着するためにはリヤキャリアが必要ということで、まずはホンダ純正品を入手した。これにアタッチメントを加工して装着する。  そして、デナリエレクトロニクス製フォグランプのマウント台にもなるクラッシュガードは、各社から多数リリースされていることから市販品を購入。フロント部分までガードするデザインが気に入り、タイで現地メーカー製を購入した。 次回はこれらの加工や装着の模様をレポートしたい。 ――【純正キャリア+アタッチメント】これは他社製のものだが、このようにキャリアにトップケースのアタッチメントをワンオフで製作して取り付ける。純正キャリアは1万8700円だ。 ――【ソフトパニア&ツールボックス】ホンダ純正キャリアに加工を施して、パニアやツールボックスを固定できるようにする。 ――【トップケース】取り付けた際の大きさやバランスをチェック。容量は小ぶりのものの方がマッチしそうな感じだ。 ――【フォグランプ】フォグランプはツアラテックジャパンが取り扱うデナリ製の4灯LEDを装着予定。X-ADV装着の物と異なるがこんなイメージに。 ――【クラッシュガード】タイのPOWER MOTO製を3900バーツ(約1万3000円)で購入。ヘッドライトの下までガードするのでイメージCGに近い仕上がりにできる。 ――【ハンドガード】アドベンチャーイメージに欠かせないハンドガードももちろん装着予定だ。 ――【SPECIAL THANKS】ツアラテック ジャパン:神奈川県相模原市緑区中野988 https://www.touratechjapan.com/

【関連記事】