Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自分の飛距離が1年で50ヤードアップしたら? 奇跡を起こした美女プロ、小澤美奈瀬の飛ばし物語

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

教え上手な美女コーチとして「みんなのゴルフダイジェスト」でも人気の小澤美奈瀬は、USLPGAのティーチングプロの資格も持つプロゴルファーだ。彼女がプロになったきっかけとは、ずばり「飛ばす楽しさ」との出会いだった。 50ヤードアップを果たした小澤美奈瀬のスウィング連続写真

2016年、故障をきっかけにスウィングを根本から見直した

1992年生まれ。愛知県名古屋市出身。週刊ゴルフダイジェストの美女ユニット「ゴルル」メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、おもに東京と名古屋で飛距離アップのレッスンを行うUSLPGAティーチングプロ。それが、小澤美奈瀬だ。 「信じてもらえないかもしれませんが、わたしが50ヤードの飛距離アップに成功したのは2016年。当時、身体を故障してしまい、まともにスウィングができない時期があったんです。それをきっかけに、ゴルフのスウィングについて真剣に向き合って考えるようになりました」 と小澤。以前は、「型にハメた窮屈なスウィングをしていた」という彼女。当時はヘッドスピードも出ず、身体にも負担が大き買ったのだ。 スムーズに体を動かし、速く振るために、まず、体重移動の仕方を考えはじめる。それまではテークバックで右足に体重を乗せてトップを作り、ダウンスウィングで左足に乗せて振り切る、というオーソドックスな方法を採用していたが、手をつけたのはそこからだった。

「それだとまったく速く振れなかったんです。そこで、右腰までテークバックしたら、すぐにダウンに入るよう変えてみました。スウィング中に体重移動をしようと考える時間が無駄なことではないか、と考えたんです」 トップへ行く前にダウンに移るように振ってみると、簡単にヘッドスピードが上がった。上げ切る前にダウンへ移る動作が、上と下の捻転差を生んでくれ、腕をしなやかに振らせたのだ。 この動きの再現性を高めようと実践したのが、しっかりした土台を作ること。上体がうわずっていたら、ボールにパワーは伝わらない。そのため、足の指で地面をギュッとつかんだままスウィングするようにしているという。

【関連記事】