Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウィル・スミスと妻のジェイダ、夫婦間の問題を子どもたちには伏せていた

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

『People』誌によると、2人は意識的に、2人の子どもである22歳のジェイデン・スミスと19歳のウィロー・スミス(ウィルには前妻との間に27歳の息子トレイ・スミスもいる)を、別居にまつわる修羅場から“守った“という。子どもたちが絶対に結婚生活の問題に巻き込まれないようにしていたのだ。  長年結婚生活を送る2人は、ピンケット・スミスのフェイスブック・ウォッチ・シリーズ『Red Table Talk』で、2年前に一時的に別居し、その間にピンケット・スミスがミュージシャンのオーガスト・アルシーナと短期間だが交際していたというショッキングな告白をした。 【写真】ハリウッドを震撼させた、セレブの三角関係13 「子どもたちは、常に彼らにとっての“かすがい“だった。家庭内がカオス状態になることは決してなかった。自分たちの悩みを子どもたちにはわからないようにしていたからね。状況が悪くなると、ジェイダはただその場を離れていた」と、情報源が同誌に語っている。

「最初から、彼らの問題は他のカップルと変わらないよ。2人のまったく別の人間がうまくやろうとしているということ。その上、2人には常に大きなスポットライトが当たっている。彼らはよく今まで、問題を隠してきた。でも、彼らの問題は特別なものじゃない。2人はかなり若い時に結婚して、ともに成長し、変化し、適応してきた。日々、お互いについて学んでいる」と、続けていた。 ウィル・スミスは長年、特にセレブカップルとして人気があることから、ピンケット・スミスとの結婚生活を維持しなければならないと「プレッシャー」を感じていたという。「人は成長し、変化していくけれど、ほとんどの人はその過程を世間につぶさにチェックされずにすむわけだから」と、別の情報源が『People』誌に語っていた。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】