Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

兵庫県、ボーガン届け出制検討 殺傷事件受け、罰則も

配信

時事通信

 兵庫県は1日、同県宝塚市で4人がボーガンで殺傷された事件を受け、ボーガンを規制する条例の骨子案をまとめた。  所有者に氏名などの届け出を求め、罰則も設ける。県によると、すべての年齢を対象にしたボーガンの規制条例は全国的に珍しいという。  県は1日、有識者らでつくる会議に骨子案を提示。議論を経て、9月県議会への条例案提出を目指す。  骨子案では、所有者の責務として、ボーガンの商品コードのほか、住所や氏名などを県に届け出ることを義務付ける。販売事業者は、購入者の身分確認や販売台帳の整備などを責務とした。所有者が届け出ないなど従わない場合は、罰則として5万円以下の過料を設ける。 

【関連記事】