Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目が死んだ母と“お風呂靴”で登園してきた子ども、朝からどんなバトルを…… 元保育士の実録漫画に爆笑と哀愁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 登園してきた園児の足がやけに大きいと思ったら、“お風呂の靴”(バスシューズ)を履いて来た……!? 元保育士のでこぽん五郎さんによる実録漫画「でこ先生」で、朝から大変なバトルを繰り広げてきたと思われる園児とお母さんのエピソードが紹介されています。お母さん、マジ乙です……。 【画像】漫画を全ページ読む  元気な「おはようございます」の声とともに、お母さんと登園してきた園児。しかし、遠目に見ても分かるほど足がデカい……ってあの水色の靴は“お風呂の靴”だ!? いったいなぜとお母さんの顔を見てみると、それはもう目が死んでいました。あ、これは朝から「これ履いていくー!!」と壮絶なバトルを繰り広げた後だ……。  園内に上がるためげた箱にバスシューズを入れようとする園児ですが、大きすぎて入りません。すると園児、お母さんの方を見て一言。「いつもの靴出して」。お母さんの目が、さらに死んだ……。  また、別のエピソード。おやつの時間になったので遊んでいたおもちゃを一緒にお片付けしようとしたところ、「や!」と遊びを続けたがる園児。そこで、エプロンでおもちゃをくるんでからおもちゃ箱に入れる「お片付けポケット」遊びを披露。園児は目を輝かせて、「お片付けポケット」に夢中です。  おかげで全て片付き、でこ先生「あーくんすごい! すぐ片付いたね!」と園児を目一杯称賛。これでおやつの時間に入れると思ったその時、あーくん「もっかいすゆ!」の言葉とともにおまちゃ箱ひっくり返し! ドザァァァッ! でこ先生の目が、死んだ……。  でこぽんさんのTwitterでは、他にも実録漫画が多数公開されています。また、単行本『実録 保育士でこ先生』も発売中。既刊全2巻です。 でこぽん五郎さん

ねとらぼ

【関連記事】