Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルクレール、サインツJr.の加入は挑戦だと語る「フェラーリF1でナンバー1になるつもりはない」

配信

オートスポーツweb

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、2021年シーズンよりカルロス・サインツJr.がフェラーリに加入することで、“これ以上ない挑戦”に挑むことになると考えており、将来のチームメイトのことを“素晴らしいドライバー”と評した。 【写真】2021年よりフェラーリF1へ移籍するカルロス・サインツJr.  今シーズン末でセバスチャン・ベッテルがフェラーリを離脱するという最近のショッキングな発表に続き、サインツJr.が彼の後任としてフェラーリ入りするというニュースが流れた。  多くの人々が25歳のサインツJr.はかなりの重責を負うことになると考えている。また、ルクレールは2019年シーズンにはベッテルを凌駕してフェラーリで優位なポジションを得ており、サインツJr.にとって手ごわい相手となることは想像に難くない。  それでもルクレールは、2020年に自身がナンバー1ドライバーになることを否定している。ルクレールは、サインツJr.はすぐに本物の脅威となり、戦わなければいけない相手だと主張した。 「僕はフェラーリでナンバー1ドライバーになるつもりはない」とルクレールはフランスの日刊紙『L'Equipe』に語った。 「カルロスは素晴らしいドライバーだと思う。その点をまだ分かっていない人がいるのなら、2021年に彼はフェラーリでそのことを証明してみせるだろう。僕にとっては素晴らしい挑戦になるよ」  昨年、ルクレールとベッテルは互いに対立したものの、ルクレールは4度のF1世界チャンピオンのベッテルから知識を学び、彼のことを繰り返し称賛していた。 「彼はたくさんのことを教えてくれた。彼を安定したパートナーとして持つことができて、僕は自分が幸運だったと思う。彼は非常に経験豊富なドライバーだからね」 [オートスポーツweb ]

【関連記事】