Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

路線バス運転手2人が感染 新型コロナ、運転中はマスクを着用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
神戸新聞NEXT

 神戸市は16日、公表済みの新型コロナウイルス感染者のうち、30代と50代の男性が同市バス落合営業所(須磨区)に勤務する路線バス運転手だったと明らかにした。 【目で見る新型コロナ感染状況】  市によると、30代は11日まで、50代は12日まで乗務していた。運転席はビニールシートの仕切りがある上、運転中はマスクを着用し、換気も行っていたことから乗客への感染リスクは低いという。ダイヤなどの変更は予定していない。  営業所内でのクラスター(感染者集団)は確認されておらず、2人は同じタイミングで市中感染した可能性が高いという。  市は落合営業所と同営業所の全車両を消毒。50代男性の濃厚接触者に当たる営業所内の2人にPCR検査を実施する。

【関連記事】