Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【早野宏史のJ1順位予想/更新版】過密日程下ではタレント豊富な横浜が有利か。鹿島は戦術の浸透に時間が…

配信

SOCCER DIGEST Web

横浜は若手の成長も著しい

 2020シーズンのJ1リーグがついに再開を迎え、最大5000人の観客を入れて開催されるなど、徐々にJリーグが本来の姿を取り戻しつつある。現時点ですでに4試合が消化されているが、約4か月という長い中断期間を経て勢力図は変わるのだろうか。 2020シーズン再開!J1最新順位表  ここでは、今季開幕前に『サッカーダイジェスト』誌で順位予想をしていただいた解説陣に、「降格なし」「交代枠5人」「過密日程」といった注目ポイントも踏まえ、改めて今季の順位を占ってもらった。 ●早野宏史(元横浜監督ほか)  選手層がポイントになる過密日程下では横浜が有利か。タレントが揃っていて、若手の成長も著しい。開幕前に4位と予想した鹿島は、戦術の浸透に時間がかかっているので7位に変更。移動を考慮して千葉で合宿中の札幌は、自宅に帰れず疲労がなかなか抜けないはずだ。   ●順位予想 1位:横浜 2位:FC東京 3位:神戸 ―▲ACL出場圏▲ー 4位:川崎 5位:広島 6位:C大阪 7位:鹿島 8位:柏 9位:G大阪 10位:札幌 11位:大分 12位:浦和 13位:名古屋 14位:清水 15位:鳥栖 16位:仙台 17位:横浜FC 18位:湘南 ※『サッカーダイジェスト』7月23日号(7月9日発売号)より抜粋して転載 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】