Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

市川猿之助も絶品メニューに思わず「お前の勝ちー!」 美食アカデミー2020秋のSP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

「お願い!ランキング」(毎週月曜~木曜深夜0:50-1:20テレビ朝日)の名物企画「美食アカデミー」が、9月26日(土)夜10:10より、1時間スペシャル「お願い!ランキング 秋の美食アカデミー2本立てSP」として放送される。俳優・市川猿之助がMCに初挑戦。川越達也シェフをはじめ美食家軍団が大手コンビニエンスストアチェーン&中華チェーン自慢のメニューを採点する。 【写真を見る】MC・市川猿之助は商品のおいしさに思わずドラマの名ゼリフを口に 「美食アカデミー」は、「企業やお店が日々研究・開発している商品やメニューは本当においしいのか?」という視点で繰り広げる食企画。美食家たちが商品の味や見た目、コスパなどを忖度なしでジャッジし、10点満点で採点。誰もが知るお店や企業のメニュー・商品の“本当に美味しい順ランキング”を作成する。 2009年10月にコーナーをスタートして以来、「お願い!ランキング」の名物企画の一つとして人気を博している。 大手企業や有名チェーン店の商品・メニューをランク付けし、売り上げにも大きな影響を及ぼしてきた企画のスペシャルに、大手コンビニチェーンと人気中華チェーンの2社が参戦する。 この秋、商品の大リニューアルを行う2社。選りすぐりのメニューを引っ提げて「美食アカデミー」に乗り込んでくる。 大手コンビニチェーンからエントリーするのは、総菜ブランド「お母さん食堂」の四川風麻婆豆腐、鉄板焼ハンバーグ、そしてこだわりのスイーツ、安納芋のタルトやスフレ・プリンといった主力商品の数々。 一方の中華チェーンは、コロナ禍で生まれた餃子・チャーハン弁当やロカボ麺(おいしく楽しく適正糖質の麺)の中華そば、そして一度はメニューから消えた幻のラーメンなどを持ってくる。 2社が自信を持って送り出す商品をジャッジする美食家軍団には、「美食アカデミー」常連のシェフ・川越達也、ショコラティエ・斉藤美穂、中華料理シェフの名雪寛己、パティシエの向井聡美といったそうそうたるメンバーが顔をそろえる。 果たして2社のメニューは、美食家たちをうならせることができるのか? そして川越シェフの”川越スマイル”は飛び出すか? ■ 支配人=MCは市川猿之助 今回、支配人=MCとして登場するのは俳優の市川猿之助。歌舞伎、ドラマの他、クイズ番組などで幅広く活躍する猿之助だが、バラエティー番組のMCを務めるのはまれなこと。 「美食アカデミー」への出演は、本人たっての希望だったそうで、「こんなにおいしいと思わなかった!」と、各社のレベルの高さに驚きを隠せない。 試食中、あるメニューを口にした猿之助から、ドラマ「半沢直樹」(TBS系)・伊佐山泰二の名ゼリフ「お前の負けー!」ならぬ、「お前の勝ちー!」も飛び出す。 初めてのMCについては「難しかった」そうだが、「皆さんが協力してくれました。シェフによって、厳しい人がいたり、マイナスな面からプラスを見ようとする人がいたり、と違いがあって面白かった」と感想を述べている。 ■ 市川猿之助コメント 一度「美食アカデミー」に出てみたいと思っていたので、今回の出演はとてもうれしいです。おいしいものが食べられるし、発売前の情報も聞けますからね(笑)。 でもこんなにおいしいものばかりだとは思わなかったので、レベルの高さにびっくりしましたし、いい発見ができました。 今回登場した2社は僕もよく利用します。一品、ほっぺたが落ちるほどおいしいものがあって、びっくり! ぜひ人に勧めたいと思いました。 初めてのMCは難しかったですが、皆さんが協力してくれました。シェフによって、厳しい人がいたり、マイナスな面からプラスを見ようとする人がいたり、と違いがあって面白かったです。ぜひまた出たいです。 ■ 川越達也コメント 今回のコンビニの商品をいただいて、コンビニのレベルが高くなっていることに気付きました。「お母さん食堂」という屋号で、名前だけを聞くと「ホッとする・安心する味わいのラインアップ」かなと思っていたんですが、しっかり攻めた本格的な商品で、専門的なものに近いクオリティー。驚きましたし、今後、自分で買いたい商品がたくさんありました。 デザートもおいしかったです。コンビニのデザートって、甘口のものが多い印象だったのですが、とても上品な甘さで、男性からしても食べ疲れない甘さでした。 中華チェーンの商品も、このご時世なので、テイクアウト商品やロカボ商品など新しい試みだったと思います。手厳しいことも言ってしまいましたが、安心したおいしさがすべてにおいてありました。 猿之助さんとは初めてお仕事をご一緒させていただきましたが、僕らがやりやすい空気感を作って、まろやかにしていただいたので、みんなコメントしやすかったと思います。 「美食アカデミー」では、僕らの主観でお話しし、専門的な目線で見てしまう部分があるので、手厳しいコメントもありますが、ここに挙がってくるのは「選ばれし戦士」なので、おいしいことが大前提です。皆さんもご購入いただいて、「こう言っていたけど、私はこっちが好き」とか「同じ意見だな」と、我々と対比して楽しんでいただけたらと思います。 (ザテレビジョン)

【関連記事】