Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

羽生善治タイトル通算100期なるか 「竜王戦」第1局を田丸昇九段が解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【人生100年時代の歩き方】  豊島将之竜王(叡王=30)に羽生善治九段(50)が挑戦する第33期竜王戦7番勝負第1局が、10月9、10日に東京都渋谷区の「セルリアンタワー能楽堂」で行われた。羽生は竜王を奪取すれば、通算タイトル獲得が大台の100期に達して最多記録を更新する。  ◇  ◇  ◇  豊島はタイトル獲得が通算5期だが、過去3回の防衛戦(棋聖戦・王位戦・名人戦)でいずれも敗れている。今期の竜王戦は、羽生の「100期」と豊島の「初防衛」をめぐって、大いに注目されている。  2017(平成29)年の第30期竜王戦で、羽生棋聖は渡辺明竜王(36)に7期ぶりに挑戦した。「最後のチャンスかもしれない」という思いで臨んだ羽生は、渡辺を4勝1敗で破り、15期ぶり通算7期目の竜王のタイトルを獲得した。  羽生は規定によって「永世竜王」の資格を得ると、すでに取得している永世称号を合わせて「永世七冠」という前人未到の金字塔を打ち立てた。  羽生は当時、ある対談で今後の目標について、「先のことを考えても、実際はその通りにならないことが多いので、まずは目の前のことを一つ一つ。流れに任せていくのがいいのかなと思っています」と語った。通算100期のタイトルを目前にしている状況で、控えめで自然体の姿勢は謙虚な性格の羽生らしい。ただ、内心では「なるべく早く達成したい」と思っただろう。 ■技術的な衰えや限界説  ところが、羽生自身が語った「その通りにならないこと」がそれから今日まで続くとは、本人はもとより私たち将棋関係者も意外だった。羽生は2018年のタイトル戦で、僅差の勝敗で続けて敗れたのだ。  佐藤天彦名人(32)に挑戦した名人戦で2勝1敗から2勝4敗で敗退。棋聖戦で挑戦者の豊島八段に2勝3敗で失冠。竜王戦で挑戦者の広瀬章人八段(33)に2連勝から3勝4敗で失冠。羽生は竜王戦で敗れて27年ぶりに「無冠」となり、肩書は九段に変わった。それから今年の竜王戦までの2年間、タイトル戦に登場することはなかった。技術的な衰えや限界説がささやかれた。

【関連記事】