Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京五輪新競技日程が発表 卓球のスケジュールや見どころをおさらい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

国際オリンピック委員会(IOC)は7月17日に総会を行い、2021年に延期された東京五輪の新しい競技スケジュールを決定した。すべての競技は2020年実施予定の競技会場、同日程で行われることが発表された。 【写真】女子日本代表の石川佳純、平野美宇、伊藤美誠 開会式は7月23日に行われ、卓球競技は東京体育館にて、7月24日の男女シングルス予選と混合ダブルス1回戦から開始される。

東京五輪の卓球競技の種目は?

1988年のソウル五輪から採用された卓球競技。当時は男女シングルス、ダブルスの4種目で争われていたが、2008年の北京五輪よりダブルスに代わって男女団体が採用されている。 東京五輪で卓球競技は、新たに混合ダブルスが採用され、男女シングルス、混合ダブルス、男女団体の5種目で争われる。

東京五輪男女日本代表メンバー

東京五輪卓球日本代表のシングルス出場権は、2020年1月時点の世界ランキング上位2名に与えられることとなっていた。2020年1月時点で世界ランキング5位の張本智和(木下グループ)、同15位の丹羽孝希(スヴェンソン)、同3位の伊藤美誠(スターツ)、同9位の石川佳純(全農)がシングルス枠を手中に収めていた。 残り1枠の団体戦代表候補選手の選考基準は、『世界ランキング日本人上位2名代表候補選手とダブルスが組め、団体戦でシングルス及びダブルスにて活躍が期待できる選手』とされており、男子は水谷隼(木下グループ)、女子は平野美宇(日本生命)の両選手が選出された。また、同時に混合ダブルスは水谷隼/伊藤美誠ペアが内定を勝ち取った。 新型コロナウイルスの影響により、東京五輪は1年延期になった。しかし、日本卓球協会は2020年3月末に、五輪代表候補6選手の内定を維持することを決定している。 東京五輪卓球日本代表に内定しているのは以下の選手。 <男子シングルス> 張本智和 丹羽孝希 <女子シングルス> 伊藤美誠 石川佳純 <混合ダブルス> 水谷隼/伊藤美誠 <男子団体> 張本智和 丹羽孝希 水谷隼 <女子団体> 伊藤美誠 石川佳純 平野美宇

【関連記事】

最終更新:
Rallys