Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

超大波22.4m制覇が反響拡大 南米女性サーファーに海外「このスリル」「転倒したら…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

ブラジルの33歳ガベイラさんのギネス記録達成に海外驚き

 東京五輪の新種目に採用され、日本でも注目度が上昇しているサーフィンで衝撃の“世界記録”が誕生した。ブラジル人の女性サーファーが乗った高さ73.5フィート(約22.4メートル)の波が女性史上最高記録としてギネスワールドレコードに認定。実際のシーンを同公式SNSが動画付きで公開すると、衝撃映像に対して「転倒したらどうなっていたのか……? 怖い」などと驚きの声が上がっていたが、「なんと勇気ある女性」「まさにワイルドだ」と反響はさらに拡大している。 【動画】「このスリル…」「転倒したらどうなっていたか」と海外衝撃! 南米女性サーファーが超大波22.4mに乗ったギネス記録達成の実際の映像  大海原に挑んだ女性が快挙を成し遂げた。白のウェアをまとい、ボードに乗る1人の女性。背後からやってくる波はあまりに大きく、体は米粒のように小さく映る。しかし、そのまま波の中ほどから滑り降りるように進んでいく。最後までバランスを崩すことなく乗り切ると、後ろからビルの高さから落ちるがごとく波がやってきて、水面を叩き、大きなしぶきが上がった。  波に飲み込まれたらと思うと、ゾッとするようなシーン。そんな衝撃映像で見事に波乗りを成功させたのは、33歳のマヤ・ガベイラさんだ。2月に挑戦したものがこのほどギネス記録として認定されたといい、ギネスワールドレコード公式ツイッターとインスタグラムで実際のシーンを公開。目の当たりにした海外フォロワーも驚きを隠せず、「転倒したらどうなっていたのか……? 怖い」「このスリルをありがとう!」などとコメントが寄せられていたが、反響はさらに拡大している。 「これまで見てきた現実の光景で最もクールなものの1つだ」 「正気ではないけど、すごく尊敬に値する」 「感動的、本当に感動的」 「これはまさにワイルドだね」 「なんと勇気ある女性……」 「7階建てのビル(の高さ)から滑り落ちているんだよね。驚愕だ!」  ギネスワールドレコード公式サイトによると、今回の記録はガベイラさんが持っていた従来の記録を更新したもの。波の計測は難しく、南カリフォルニア大などが科学的に検証し、算出されたという。本人は「怖くもあったけど、あの波は凄く特別だったわ」などと振り返ったと伝えている。

THE ANSWER編集部

【関連記事】