Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自粛期間に「新たに始めた趣味」アンケ結果! 第1位ヨガ、第2位が手芸。続くのは!?

配信

週刊女性PRIME

 新型コロナウイルスで外出自粛を余儀なくされ、家でゴロゴロしながら「退屈だぁ~」と暇を持て余しているとき、ふと気になるのが、 【一覧表】新たに始めた趣味はなんですか? 345人の回答をランキング形式で発表! 「みんな家で何をしてるの?」  そこで、全国の30代以上の女性600人に、自粛期間中に始めた(または始めたいと思っている)趣味があるかアンケート調査を実施、345人から有効回答を得た(ランキング上位は写真ページに掲載の表のとおり)。詳細は以下で紹介するが、意外と多くの人が「時間を有意義に使っている」という印象だ。  名言にいわく“たいていの成功者は、他人が時間を浪費している間に先に進む”──。  新型コロナ感染症は今後も感染拡大の第2波、第3波が襲ってくるといわれる。そんなとき受け身な人間ほど不安な状況に右往左往しがちだ。逆に、時間を能動的かつ上手に使える人は心に余裕が生まれる。  今からでも遅くはない。ずっとやりたいと思いながらできなかったことを始めてみたり、自分を高められるような資格を見つけてチャレンジしてみてはいかがだろうか。  大事なのは、始めること!

手間をかける楽しさに目覚める

 全国345人の女性たちに自粛中に始めた趣味を聞いてみたら、必要に迫られて始めたマスク作りをきっかけに手芸にハマった人が目立った。 「マスクを作ってみたら、思ったより簡単。いろんな布で作るのが楽しく、われながらいいセンスじゃないと自画自賛。中学生の孫息子が喜んで使ってくれているのはうれしい誤算です」(山形県・66歳) 「手作りマスクで手芸の楽しさを知り、今は刺しゅうに夢中。材料は100円ショップでそろえます」(佐賀県・46歳)  手作り派だけではない。 「ミシンでマスクを作っていましたが、エプロンやワンピースにも挑戦するつもり」(東京都・42歳)  手芸・裁縫と並んで、みんなが始めたのが料理。時間があれば、手の込んだ料理に挑戦でき、豊かな食卓は家族のコミュニケーションも深まるといいことばかり。 「料理は苦手だったけれど、ネットでレシピを調べて作ったら、おいしくできる。買い物に行けないので、ある材料でメニューを考えるのが楽しくなり、節約にもなっている」(大阪府・33歳) 「ふだん作らない料理を作ると、自分自身も楽しいし、家族も喜ぶので、みんなが楽しいおうち時間を過ごせます」(兵庫県・43歳) 「昼食は、食卓にホットプレートを出して、 子どもと一緒に、お好み焼き、焼きそば、焼きうどん、ホットケーキ、フレンチトースト、ハムエッグなどを作って楽しんでます」(神奈川県・49歳) 「保育園がお休みなので、2歳の娘とお菓子を作るのですが、娘も楽しそうです。まだ小さいため、簡単なもの(ジャム作りや焼きリンゴをパイ皮に包むだけ)しかできませんが、いい食育になっているのかなと思います。母娘の貴重な時間になっています」(埼玉県・33歳) 「免疫力が上がると大人気のヨーグルトですが、そのヨーグルトを種菌にして、自家製を作っています」(神奈川県・44歳)  こんなチャレンジ派も。 「なんちゃってレストラン・居酒屋メニューにトライ。失敗もするけど、夫婦水入らずでの家飲みも楽しい」(兵庫県・50歳)  そして将来までもが変わりそうな人も。 「パン作りにハマって。得意なのはあんパンとブドウパン。家族だけでなく、子どもの友達にも好評なんです。コロナの自粛が終わったらパン作りの学校に通って本格的に習い、いずれは小さなパン屋さんを開きたいという夢ができました」(福島県・42歳)  針仕事などやったこともなかった人が、洋服まで作ってみようと思うようになったり、料理は苦手という人が、手の込んだ料理を作れるようになったり、いつかお店を持とうと考えるようになったり、時間つぶしで始めた趣味が新しい自分発見につながっているようだ。

【関連記事】