Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これからのコロナウイルスとの闘いでは、ゲノム編集技術「CRISPR」が有力な“武器”になる

配信

WIRED.jp

スタンフォード大学生物工学科の博士候補のティム・アボットは今年2月19日、研究チームによる実験の結果をチェックしていた。ゲノム編集技術「CRISPR(クリスパー)」を応用することで、新型コロナウイルスと闘う研究のための実験だ。 ワクチンが完成したら、いったい誰に優先的に接種することが「正しい」のか? アボットは、がんなどの細胞に干渉する病気を治療するCRISPRツールを開発した先駆者、スタンリー・チーの研究室の出身である。チーの研究室では「PAC-MAN」と呼ばれる手法を使い、いわば魚雷のようにCRISPRをコロナウイルスに向けて発射して攻撃する手法を研究していた。コロナウイルスの遺伝子構造を攻撃することで、ウイルスがヒトの細胞に入り込んで自己複製できないようにするのだ。ちなみにPAC-MANとは、「Prophylactic Antiviral CRISPR in huMAN cells(ヒト細胞における予防的な抗ウイルスCRISPR)」の略である。

ウイルスのレシピを切り取る「ハサミ」

この実験でアボットは、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を発見・破壊するためにつくられたCRISPRシステムを溶液に投入していた。溶液には、研究室で合成され、不活性化されたウイルスの断片が入っている。あらゆるCRISPRシステムと同様に、今回のシステムもふたつの部分から成り立っている。酵素と「ガイドRNA」と呼ばれるらせん構造だ。 RNAは「Cas-13d」という酵素に対して、コロナウイルスのゲノムの特定の場所にくっついてその場所を切りとるよう指令を出す。料理本からSARS-CoV-2のレシピが載っているページを探し、そこだけを切り取るようにプログラムされている「ハサミ」のようなものだと考えると、わかりやすいかもしれない。 アボットはデータを分析したあと、このプロジェクトのマネジメントを担当している研究者のマリー・ラルッサに一緒に結果を検証してもらった。コロナウイルスをターゲットとしたCRISPRが、溶液中のウイルス量を90パーセントも減少させたという結果が出ていたからだ。これだけの「殺傷率」があるということは、このシステムを効果的に適用できれば、人体内でこの病を止められる可能性がある。 今回の実験結果と3月前半に発表された論文[編註:原文公開の3月18日時点では、未査読のプレプリントである]に掲載されたほかの実験結果を考慮すると、わたしたちはCRISPRを使ってインフルエンザやコロナウイルスと戦うための新しい“武器”を開発できる時代に入ったのかもしれない。 「このPAC-MANアプローチは、これから出現する流行株に対処するための、短期間で実装可能かつあらゆるコロナウイルスに効く戦略になる可能性がある」と、論文の共著者たちは書いている。

【関連記事】