Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

47都道府県「おらが村の偉人伝」静岡県・石川倉次

配信

SmartFLASH

 コロナ対策で、いまだ里帰りがしづらい今日このごろ……「郷土愛」は、かつてないほど高まっているはず。あなたは、出身地の傑物をご存知ですか? そこで本誌は、47都道府県にまつわる「おらが村の偉人伝」をお届けします。今回は、静岡県。 【静岡県】石川倉次(くらじ)  静岡県の偉人は、石川倉次。「6点点字」の日本語での表記法を完成し、“日本点字の父” と呼ばれる教育家だ。  1859年に井上藩士の子として浜松で生まれた石川は、小学校教師を経て1886年に東京盲唖学校助教諭となった。そして1890年に、フランスのブライユ考案の6点点字を日本語の五十音に翻案し、日本点字を完成。全国各地の盲学校をまわって、これを広めた。  この6点点字の方式は、現在に至るまで使われ続けている。また、1904年には石川式点字タイプライターを考案し、目の見えない人々を助けた。 (週刊FLASH 2020年5月26日号)

【関連記事】