Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「無理に働く必要はない」というひろゆきにツッコんだら「肉屋を応援する豚みたい」と論破された

配信

新R25

「あなたはなんのために働いていますか?」 突然失礼しました。 社会人として生きるなら、働くことに意義を見出し、自分を磨いていきたいもの。 しかしひろゆきさんは、5万部(電子込み)を突破した著書『1%の努力』のなかで、「働かないアリであれ」つまり「無理に働く必要なんてないんだ」と強く主張します。 たしかにひろゆきさんのように生きられるならいいかもしれませんが、普通の会社員である僕らからすると、「働くのが辛いから、無職で生きよう」とはちょっと思えないです。 つまりこれは、ひろゆきさんだから言える強者の理論。完全なる極論です! そこで今回は、ひろゆきさんに「働かないで暮らすって無理じゃない?」とツッコんできました。 〈聞き手=福田啄也〉

「服もタバコも自分で買わないからお金がいらない」というひろゆきさん。どうやって…?

福田: 『1%の努力』に、「働かないアリになれ」と書かれていました。ひろゆきさんが「働く必要はない」と提唱されていることはわかりましたが… ただ、そう言われても僕のような人間が「よし、無職になろう!」って思えないんですよ。 今日はそこをツッコませていただきます。 ひろゆきさん: 「辛い思いしてまで働く必要はない」ってそんなにおかしいですかね? そもそも、「自分が何のために働いているのか」ってちゃんと考えたことありますか? 福田: まあ…多くの人はお金を稼ぐためでしょうね。 ひろゆきさん: それならやっぱり、ムリして働く必要はないんじゃないかな。 日本って“お金を稼ぐよりも、モノを得ることのほうが圧倒的に楽”な社会なんですよ。 たとえば僕、30歳超えるくらいまでタバコを買ったことがなかったんです。 福田: えっ、どういうことですか? ひろゆきさん: 福田さん、知らない人に道端で「20円くれ」って言われたらどうしますか? 福田: シカトします。気持ち悪いし。 ひろゆきさん: ですよね。 でも1本20円のタバコだったら、喫煙所でタバコを吸っている人に「1本ください」って言えば、9割の確率でもらえるんですよ。 僕はそれを続けていたので、タバコを買う必要がなかったんです。 福田: タバコ1本ならそうかもしれませんけど… じゃあ、ひろゆきさんがもっと欲しいものがあったときはどうするんですか? ひろゆきさん: 読みたい本があったら、友だちに買わせますね。 「こんな面白い本があるんだけど、読みたくない?」って言うと、だいたい買ってくれます。 ゲームとかも、人気のやつだったらみんな持っているので貸してもらいますね。 福田: (小学生みたいだな…) ひろゆきさん: 基本的に、服も自分で買わないんですよね。 今着ている服も友だちからもらったものです。 福田: そんなことありますか!? ひろゆきさん: 服って簡単にもらえるんですよ。 高校生のときとか、友だちの家に行ってTシャツを借りることがあるじゃないですか。 それを着たまま帰っちゃって、気が付いたら自分のものになっている…なんてことがありませんでした? 福田: えっ、あったのかな…? どうだろう… ひろゆきさん: なかったんですか? 福田: (ヤバイ、洗脳されはじめてきてる。立て直さないと…) ふ、服はなんとかなるとして、さすがに食べ物は厳しくないですか? ひろゆきさん: そうですかね? 大学生のときとか、学食で友だちに「一品ちょうだい」って言ったら恵んでもらえましたよ。 なんだったら10人くらいにもらってたので、僕の皿が一番豪華でした(笑)。 福田: それはまわりの人が優しいだけな気もしますけど… ひろゆきさん: お酒も、友だちに「オレんちで飲み会しよう。お酒とつまみ持ってきて」って誘えば、自分で買わなくても集まってくる。 そうやっていれば、別にお金がなくてもいいんですよ。 福田: (これはラチが明かないな…) じゃあ…家の家賃はどうです? さすがに友だちの家にずっと住むわけにもいかない気がしますが… ひろゆきさん: 「1日泊めてくれない?」と頼める友だちが7人もいたら、1週間は宿代ゼロで住みますよね? それを4回繰り返したら、1カ月分の家賃は必要なくなります。 福田: いやいや。 毎週他人の家に居座ってたら「さすがに自分で部屋を借りろよ」って言われませんか…? ひろゆきさん: でも、家にいる友だちに「帰れよ」って言います? 相手からしたら食費とか割り勘にすればお得にもなるから、むしろ喜ばれると思いますけどね。 福田: そうなのかな…(帰れって言う気がするけど…) ひろゆきさん: 僕みたいな生活をしている人って、意外とたくさんいると思うんですよね。 プロ奢ラレヤーさんなんか、僕にすごく近いんじゃないかなって思います。 福田: あ~、言われてみれば…彼も嫌なことを全部やめて、人に奢られる生活をしていますもんね。 ひろゆきさん: 日本はみんな裕福だから、「いらないものください」って言うだけでお金がなくても生きていけるんです。 “お金のために働く”という行動は、「誰にも邪魔されない家がほしい」「有名ブランドの服がほしい」とかいった欲があるんだったらやればいいんじゃないのっていうぐらいのことなんですよ。

【関連記事】

最終更新:
新R25