Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽自動車ブームは都市部にも浸透!? ホンダ「N-BOX」が圧倒的に有利な訳

配信

くるまのニュース

どんなモデルからもライバル視されるホンダ「N-BOX」

 国内で販売台数のもっとも多い車種は、軽自動車のホンダ「N-BOX」です。2019年度(2019年4月から2020年3月)の届け出台数は、24万7707台(1か月平均で2万642台)に達しました。 【画像】どっちが好み? 愛嬌のある標準車とオラオラ顔のカスタムを見比べる(23枚)

 2位のダイハツ「タント」は17万2679台(同1万4390台)でしたから、1か月平均で6000台以上の差を付けています。比率に換算すると、N-BOXの届け出台数はタントの1.4倍以上なので「1人勝ち」の独走体制といえるでしょう。  ちなみに3位以下は、スズキ「スペーシア」が15万9799台、日産「デイズ」が15万4881台、ダイハツ「ムーヴ/ムーヴキャンバス」が11万8675台、トヨタ「カローラシリーズ」が11万4358台と続きます。  国内販売の上位5車種は軽自動車で占められ、1位から3位は、すべて全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた車種になります。  それにしてもなぜ、N-BOXの販売がここまで好調なのでしょうか。ホンダの販売店で、N-BOXの人気について尋ねると、以下のような返答でした。 「N-BOXは先代型(初代モデル)から人気が高く、現行型に乗り替えるお客さまも多いです。長年にわたって他メーカーの軽自動車を乗り継いできたお客さまも、N-BOXを購入しています。  軽自動車のお客さまが中心で、『フリード』のような小型車からの乗り替えも加わり、売れ行きを伸ばしました。小型車に乗っていたお客さまも、N-BOXで十分といいます。  ただし、いまのN-BOXは、価格が同社のコンパクトカー『フィット』とほぼ同じです。そのためにフィットからの乗り替えは、以前に比べると減ってきました。  N-BOXの売れ筋グレードは、以前はエアロパーツを装着したカスタムが圧倒的でしたが、最近は標準ボディも堅調に売れています。N-WGNもフルモデルチェンジしましたが、N-BOXの人気は衰えません」  スズキの販売店でも、N-BOXについて尋ねました。 「N-BOXはどのような軽自動車とも競争します。スズキの場合、N-BOXのライバル車はスペーシアですが、実際は『ワゴンR』を買うお客さまもN-BOXを気にします。逆にワゴンRの直接のライバル車となるホンダ『N-WGN』の名前はあまり聞かれません。  スペーシアの強みは、SUV風の『ギア』を加えたことです。このようなタイプは、ライバル車のN-BOXとタントには設定がないので、スペーシアの販売増加に結び付いています」  N-BOXは、軽自動車の定番的な選択肢になって堅調に売れています。とくに最近は、N-BOX、タント、スペーシアといった背の高い車種が売れ筋なので、軽自動車を一家に1台のファーストカーとして選ぶユーザーも増えています。

【関連記事】