Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iFi audio、独自技術を多数搭載するオールインワンオーディオ「AURORA」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHILE WEB

トップウイングサイバーサウンドグループは、同社が取り扱う英iFi audioブランドの新製品として一体型ワイヤレス・オーディオシステム「AURORA(オーロラ)」を4月20日より発売する。価格は190,000円(税抜)。 竹の外装で囲み、アルミニウム・フレームで支えた筐体の中に、6基のスピーカーユニットと2基のパッシブラジエーター、独自のアンプ技術、音響補正、タッチコントロール、ネットワークオーディオなど多機能を搭載したワイヤレス音楽システム。デザインは、フランスのプロダクト・デザイナーであるジュリアン・アジザが、東京の表参道や原宿エリアの建築物からインスピレーションを得て生み出したという。 アンプ部は「PureEmotion」と名付けられた専用設計を採用。プリアンプ段に真空管回路、パワーアンプ段に独自のスイッチング・パワーアンプ「カレント・マルチプライヤー回路」を用いるハイブリッド構造で、「音の純粋さを保ちながら、それにハイレベルな魅力、スピード、快感を生み出すダイナミックさが結びついたサウンド」を再現するとしている。 スピーカーユニットは、広い周波数帯域をカバーする120mmコーティング・ペーパーコーン・ドライバーが4基、28mm シルクドーム・トゥイーターが2基、および120×200mm パッシブラジエーターが2基で構成。一般的なオールインワン・システムを上回る広い帯域、なめらかな周波数レスポンス、広々としたサウンドステージを実現するという。 また、DSP(デジタル信号処理)を用いないアナログ領域のサウンドチューニングにこだわり、特定の周波数で特定のドライバーからの出力レベルを調節する「SoundSpace」、下向きのパッシブラジエーターを活用して低域の深さをコントロールする「TrueBass」といった独自の手法を採用。筐体背面に搭載された6つのマイクで室内の音響を計測する「ART(Auromatic Room Tailoring)」機能においても、サウンドの調節はアナログ領域で行うとのこと。 入力はWi-Fi、Bluetooth(aptX HD/aptX Adaptive/aptX/LDAC//HWA/AAC/SBCコーデックに対応)、USBストレージ、microSDカード、同軸デジタル、光デジタル、RCA、3.5mmステレオミニと豊富に対応。音源フォーマットは最大で192kHz/32bitまでサポートする。なお、音声アシスタントには対応していない。 再生周波数帯域は27Hz~40kHz、最大音圧レベルは115dB、最大消費電力は320VA。

編集部:成藤 正宣