Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国のオンライン授業、その実態は 小学校から高校までの全学校で導入【世界から】

配信

47NEWS

 新型コロナウイルスの感染拡大が終息に向かいつつあるとして韓国は6日、日常生活を送りながら感染対策を取る「生活防疫」への移行を始めた。これにより、外出自粛や社会的距離の励行といった厳格な感染防止策は緩和されることになった。ところが、直後にソウル市で集団感染が発生。クラブなど遊興施設の営業中止命令が出るなど再規制の動きが出ている。  このことは学生にも影響を及ぼしている。13日に予定されていた学校の再開が再度延期されることになったのだ。韓国では4月9日以降、小学校から高校までの全学校でオンライン授業が順次開始された。塾などでは導入されつつあったが、学校現場では初めての試み。それゆえ、「IT先進国」とされる韓国でも当初はトラブルが起きた。学生の子どもを持つ筆者がオンライン授業に感じたことを伝えたい。(釜山在住ジャーナリスト、共同通信特約=原美和子)  ▽テストを複数回行うも  韓国政府は2月23日、全国の幼稚園と小中高校などの新学期開始を3月2日から延期すると決定した。その後も感染拡大が収まらなかったため、計4度にわたって延期することになった。子どもやその親たちに不安が広がりつつあった3月末。小中高の新学期の授業をオンラインで始めるとの発表があった。夏休みや冬休みの短縮だけでは追いつかなくなったためだ。

 4月9日の中3と高3を皮切りに、16日には中学高校の1、2年と小学4年から6年が続いた。20日には残る小学1年から3年がそれぞれオンライン授業に入った。  一口にオンライン授業といっても、やり方は違う。高校はテレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使い、教師がリアルタイムで授業を進行する方式を採用した。小中学校は「教育部」が設けた専用の学習サイトを利用することになった。ちなみに、教育部とは日本の文部科学省にあたる。  学習サイトを利用する小中学生は通っている学校とクラスなどを登録しなければならない。登録した生徒が接続すると各クラスの担任のモニターに表示される仕組みで、生徒が本当に授業に参加しているかを確認することができる。  導入に先立ってオンライン授業を試験的に実施。インターネットの接続などに問題がないかなどの確認が複数回行われた。ところが、一斉にアクセスが集中したために「サイトにログインできない」や「動画が視聴できない」といったトラブルが続出した。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS