Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安田祐香は無理のない飛ばしができるか 吉田優利はアイアンショットの音に注目!【女子ツアー開幕戦見どころ】

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

6月25日から4日間の日程で行われる「アース・モンダミンカップ」でいよいよ新シーズンの幕が開ける。今大会は残念ながらギャラリーは入れないものの、大会4日間を4チャンネルを使ってインターネットで中継される。そこで青木瀬令奈のプロコーチ兼キャディを務める大西翔太氏に、気になる選手たちの注目ポイントを聞いてみた。今回はプロとして日本ツアーデビュー戦となるプラチナ世代の安田祐香、西村優菜、吉田優利の3人について。 これが効率よく飛ばす、安田祐香のスイング! ■安田祐香はすぐに勝てる ケガだけに気を付けて 安田祐香さんはアマチュア時代の成績を見ても、プロですぐに勝てる選手だと思っています。優勝したアジア女子アマを見ていましたが、勝負どころでギアを上げられる、また周りを見ずに自分を持っている。技術以外にも強い選手だと思っています。スイングもシンプルですが、コンパクトで効率良くボールを飛ばしています。出球もしっかりと高い。申し分ありません。 あとは、本人も重点的にやっていると聞いている体力的な部分でしょう。72ホールやってもバテない、一年間戦える、ケガをしない。そういった体づくりが近々のテーマではないでしょうか。なぜ安田さんは小樽CCのような難しいコースでも上位に入れるのか(昨年、小樽CCで行われたニトリレディスで4位に入りローアマ獲得)。それはゴルフ力が高いからです。そこに体力がついてくれば鬼に金棒です。ですので、今大会ではトレーニングしてきた体、そして、それを生かした飛距離に注目してほしいですね。 ■西村優菜は曲がらない 完成系は宮里藍 西村優菜さんもとても楽しみな選手です。彼女の一番の特徴は“本当に曲がらない”こと。フェアウェイキープが得意な選手でも曲がってしまうときがあるものですが、西村さんの場合はほぼありません。一度練習場で見たときに中島敏雅コーチが「あそこに打って」と指示したところに寸分狂わず打っていました。ショットの精度だけ見れば、ツアーでも頭1つ抜けていると思います。 小柄な選手で、曲がらないと言っても飛ばないわけでなく、240ヤードほどはしっかりと飛ばせる。それでいてフェアウェイウッド、ユーティリティも上手いのでピンを狙っていける。飛距離はそこまでではないけど「バーディを獲れる」稀有な選手だと思っています。完成系は宮里藍さんのようなプレーではないでしょうか。そんな「曲がらないショットでバーディを量産する」ところに注目してみてください。 ■吉田優利は振れる選手 インパクト音が素晴らしい 吉田優利さんはクラブを振ることに長けている選手です。辻村明志コーチがアマチュアのころから素振りの大切さ、振る力を説いてきただけあって、小手先ではなく体全体の力を使ってクラブを強く振る能力が非常に高いです。だから、強く重い球が打てています。 それが顕著に分かるのがアイアンショットでしょう。インパクト音を聴いてみてください。姉弟子の上田桃子さんのようなパシッといういい音がします。これはボールを当てに行っては出ない音。ショットメーカーの証です。 もう一つ、彼女の特徴として挙げられるのがとてもクレバーなこと。強く振ることができる選手ですが、クラブは比較的やさしいものを選んでいます。道具に頼れるところはしっかりと頼る。このあたりにもルーキーらしくない、頭の良さを感じますね。 解説・大西翔太(おおにし・しょうた)/1992年6月20日生まれ。名門・水城高校ゴルフ部出身。2015年より青木瀬令奈のキャディ兼コーチを務める。2016年にはキャディを務める傍らPGAティーチングプロ会員の資格を取得した。ゴルフをメジャースポーツにと日夜情熱を燃やしている。プロゴルファーの大西葵は実妹。 <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】