Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

杏の子育てスローガンは「戦国よりはマシ!」浅田次郎×杏〈前編〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人公論.jp

長年、歴史小説を愛読している杏さんは作家・浅田次郎さんの大ファン。9年ぶりの再会に、杏さんの子育てから、苦しい時の乗り切り方、そして浅田さんの新作まで、話が弾みました。(構成=南山武志 撮影=大河内禎) 【写真】「多少のことでへこたれていちゃいけない、と自分に言い聞かせるんです」(杏さん) * * * * * * * ◆幼な子3人の子育てが大変でも 浅田 新選組をテーマにした『一刀斎夢録』を書いたときに対談して以来だから、9年ぶりですか。すっかり大人の女性になったね。 杏 ありがとうございます。またお目にかかれて嬉しいです。 浅田 偶然だけど、ちょうど今、あの作品を読み直してるんですよ。チェックなんかも入れながら。 杏 そうでしたか! 作家さんも、ご自分の作品を読まれるんですね。 浅田 最近はそればっかり(笑)。なぜかというと、体も頭も衰えてきて、仕事のレベルが落ちていないか確認するためなの。衰えを感じる部分もあれば、そこそこよくなっているところも発見するんだけれど。杏さんは、昔のドラマや映画を見返したりはしないの? 杏 そうですね、「あのときは楽しかったなあ」と振り返るくらいでしょうか。女優デビューしたての頃の作品は、怖くて見る勇気がないです。(笑) 浅田 それにしても、コロナで世の中がこんなに変わるとは、思ってもみなかった。女優さんも大変でしょう。 杏 私の仕事は、どこかに出かけていって人と関わり合うことなんだ、というのをあらためて実感しました。それができないので、本当に何もやることがなくなってしまって……。でも、この「非日常」で感じたことはしっかり残しておきたいと、自粛期間中に日記をつけていました。お婆ちゃんになったときに、孫から「あの大変な時期をどう過ごしたの?」って、フィールドワークみたいな感じで質問された自分を想像しながら。 浅田 苦しいときに、そうやって客観的に自分を見つめられるのは、すごいなあ。作家は普段から自粛生活みたいなものだから、あまり変わらない(笑)。僕の場合はツイていて――と言うと語弊があるのだけれど、コロナ前にちょうど次の作品の取材が終わっていた。神様に、「お前は書斎に籠もって原稿用紙に向かえ!」と言われているような気持ちで仕事していましたよ。杏さん、お子さんは何人いらっしゃるんだっけ? 杏 4歳になる双子の女の子と、2歳半の男の子の3人です。 浅田 そりゃ、お母さんにとって一番大変なときだ。

【関連記事】