Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

saji「僕らの代名詞になっていく」sajiにとってのラブソングとは:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 北海道出身の3人組バンドsajiが23日、2nd Mini Album『花火の詩』をリリース。2019年7月にphatmans after schoolから、自分たちの人生を自分たちで掬(すく)うという意味を込めsajiに改名。新たなスタートを切った3人が届けたのは、夏の終わりの恋をコンセプトにした6曲を収録したミニアルバム。バンド色の強いサウンドから歌を軸とした方向性へとスタイルを変化させ、様々なラブソングの形を提示し、いまの彼らが感じとれる一枚となった。インタビューでは、今作の制作背景からそのサウンドの変化に迫るとともに、sajiにとってのラブソングとは何なのか、多岐にわたり話を聞いた。【取材=村上順一】

夏の終わりがテーマの『花火の詩』

――バンド名をphatmans after schoolからsajiに変えてから約1年が経ちますが、変化を感じていますか。 ヨシダタクミ レコード会社を移籍しまして、マネージメントも事務所を離れて独立したので環境が間違いなく変わりました。それに伴って楽曲の方向性も変わりました。phatmans after schoolの時はバンド色が強かったのですが、今は歌を基軸としたスタイルに変化しているので、音はすごく変わったんじゃないかなと。 ――それは自然に? ヨシダタクミ 意図的にアプローチしているんですけど、名前を変えたことによって世間の認識として、僕らは新しいバンドになっていると思うんです。新しいお客さんはsajiがどういうバンドかは知らない。phatmans after schoolを知らずにsajiから僕らを知った方もたくさんいるので、まずは僕らのイメージを付けたいと思い、今のようなサウンドになりました。 ――ユタニさんは改名されて変化はいかがですか。 ユタニシンヤ すごくシンプルなところでは、バンド名を一発で覚えてもらえるというのが大きいです。 ――以前のは長かったですからね…。でも、昔のバンド名でポロっと言ってしまったりしません? ユタニシンヤ 前にライブの時に危なかったことはありました(笑)。phatmansの「ファ」まで出ちゃったことはよくありましたけど、最近はだいぶ慣れてきたので大丈夫です。 ――ヤマザキさんはいかがですか。 ヤマザキヨシミツ 欲求だけで弾いていたものが、一回リセットされて自分達の武器ってなんだろうと、考えてフレーズを作ったりするようになりました。そういったところに改名したことが活きてきているなと感じています。 ――ところでステイホーム期間でみなさんどんなことを考えていたのか、お聞きしたいのですが。 ユタニシンヤ 僕はバンドの中ではパフォーマーとして前に出ていくタイプなんですけど、そこのスキルがまだまだ足りないなとこの期間に思いました。それで色んなアーティストのライブ映像を観て勉強してました。その中で特にマーティ・フリードマンさんのパフォーマンスは大変参考になりました。 ヤマザキヨシミツ プレイヤーとして、私生活のこともいろいろ考えたんですけど、いま特に変化は感じてなくて、やるべきことは変わらないな、と思いました。 ヨシダタクミ 自分が何を求められているのか、何を歌うべきかというのは考えていました。でも、この期間に限らず音楽については日々考えているので、僕も変化は特にないです。 ――さて、今作『花火の詩』のコンセプトはどのように決めたのでしょうか。 ヨシダタクミ リリース日が決まっていたので、夏の終わりをテーマに書こうと、コンセプチュアルなアルバムというのは決まっていました。そこから楽曲を書き下ろしていったので、アルバムにアジャストしていくような感覚でした。以前よりも狙って作っていくようなスタンスになっています。 ――制作途中で、お2人に相談されたりしますか。 ヨシダタクミ 制作途中で相談することは少ないですが、制作する前にどんな曲をやりたいかリクエストを募ります。 ユタニシンヤ 今回は僕のリクエストは通らなかったんです(笑)。僕はライブでもはっちゃけたキャラなので、お客さんと一緒に盛り上がれる曲をリクエストしたんですけど。 ヤマザキヨシミツ 僕が跳ねた感じの楽曲がやりたい、とリクエストして「真に暗き夜」がそれにあたります。この曲はベースソロがあるんですけど、これまであまりなかったので、すごく新鮮な1曲でした。ソロパートだけ音色も変えてレコーディングしたので、こだわった部分でもあって、やりがいがありました。

【関連記事】