Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【木村和久連載】実際のところ、 名門コースと大衆コースは何が違うの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webスポルティーバ

◆美女ゴルファー「フォトギャラリー」>> 専門誌では読めない雑学コラム木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第267回 【写真】あの美女ゴルファーの「素顔」  ゴルフ会員権の相場表を見てみると、30万円ぐらいのコースから3000万円ぐらいのコースまで、実にバラエティーというか、幅広い価格設定で数字が並んでおります。  じゃあ、この100倍の価格差、それだけの違いって何? と思いますよね。  高額コースはさぞかし豪華で、レースクイーンみたいなキャディーさんが付いて、OBなんかないとか?......って、冷静に考えて、そんなコースはないでしょ。  まあ、コースだけで見れば、手入れのよさの違いぐらいの差です。30万円のコースも、3000万円のコースも、さほど変わりません。どこも、オバちゃんキャディーが多いし、難易度もコースレートによって査定されますから、大きな違いはないでしょう。  じゃあ、いったい何が違うんだ?  というわけで、お手頃な大衆コースと高額な名門コースとの違いを、細かく分けて分析してみましょう。  一番違いがわかるのは、ズバリこれです。 (1)メンバーの年収 そりゃ、2000万円~3000万円の高額コースのメンバーさんが、ホームレスでありながらせっせとお金を貯めて会員権を購入した、なんてことはまず考えられません。  やはり高級住宅地に住んでいて、ガレージには高級車が2台ぐらいあって、ゴールデンレトリバーのワンちゃんがいて、そのワンちゃんは散歩の時も決してリードをぐいぐい引っ張らないとか......そういう方々ですよ。  おおよそ、どこぞの有名企業の役員とか、老舗の若旦那とか、あるいは裸一貫で成功したIT企業のオーナーとかね。とにかく、高額コースのメンバーさんは社会的な成功者が多いです。

一方、大衆コースはその多くが都心から離れた遠隔地にありますから、地方の名士や大農家の地主さんなど、コースの地元で名の通った方がメンバーになっていることが多いです。それにプラスして、都会の高額コースの会員権はさすがに買えないけど、地方のリーズナブルなコースなら手が届く、といった都心に住むサラリーマンがメンバーになっていますかね。  そもそもゴルフ会員権を買う段階で、道楽者か、セレブです。安くプレーする権利や、競技会などの試合に出られる権利は、今や"友の会"やネット予約でも十分に用を足せるようになっています。なのに、あえてメンバーになるのは、都会や地方を問わず、自らのステータスを満足させる部分が大きいんじゃないかと。 (2)コースの質 ゴルフ場の土地は「平らで、ゆったりしているのが一番」と言われています。その点では、関東の土壌はよくて、とりわけ茨城県や千葉県の北部のほうでは、広々としたコース取りがなされています。  そこら辺のコースのメンバーになれば、思う存分、ドライバーをかっ飛ばせます。会員価格にして、200万円程度。なかなか賢い買い物だと思います。  片や、東京都や神奈川県にある、会員権が1500万円ぐらいする名門コースはどうでしょうか?  確かに、昭和の名設計家が造ったコースが多いのですが、いかんせん立地が悪いです。多摩の丘陵地に造ったり、都市化が進むなか、狭い敷地に18ホールを詰め込んだりと、コース全体に余裕がありません。アップダウンがきついうえ、コース周りはネットだらけと、景観もよろしくないです。  そういったことをぼやくと、大阪の人からは「東京はまだいいよ。大阪のコースはもっと狭いから......」などと言われてしまいます。私も何度か行きましたけど、実際に大阪は土地そのものが少ないので、狭いコースが多いです。でも逆に、いろいろと工夫して造ってあって、感心しましたけどね。

【関連記事】