Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iPhone 12シリーズ、最速「ミリ波」は日本上陸せず……miniのバッテリー持続時間にも注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 Appleは9月13日(日本時間14日)、デジタルイベント「Hi, Speed」を行ない、新型iPhone 12シリーズ等を発表した。 【写真】ついに公開された新型iPhone 12シリーズ 鮮やかな新色も登場 ・初の4モデル同時ローンチ  5.4インチの「iPhone 12 mini」は74,800円 (税別)からで11月6日予約開始。6.1インチの「iPhone 12」は85,800円 (税別)からで10月16日予約開始だ。ブラック、ブルー、グリーン、レッド、ホワイトの5色の選択肢がある。  ハイエンドモデルは、6.1インチの「iPhone 12 Pro」は106,800円 (税別)からで10月16日予約開始。6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」は117,800円 (税別)で11月6日予約開始。シルバー、グラファイド、ゴールド、ブルーの4色ある。カメラ部分にLiDARスキャナを搭載し、AR体験が向上する。  新型iPhoneを4機種同時発表するのは史上初だ。全機種、iPhone史上初めて電源アダプタとEarPodsが同梱されず、USB-C-Lightning充電ケーブルは付属する(参考:https://www.apple.com/jp/apple-events/october-2020/)。  手元にない人は、忘れずに購入したいところだ。Appleは配送する箱が小さくなり、そもそも製造するアクセサリーを減らすことで年間200万トンの炭素を削減できると『9to5mac』は伝えている(参考:https://9to5mac.com/2020/10/13/iphone-12-does-not-come-with-power-charger-or-earbuds-in-the-box/)。  また、Appleはワイヤレス充電器、ケース等でMagSafeブランドを復活。マグネットリングを採用することにより、充電中に位置がずれることなく効率が向上する。ノッチが小さくなるか否かは論争になっていたが、若干の縮小がみられた。 ・全4機種が5G対応も、日本は低速の「sub-6 GHz」  iPhone 12 シリーズは、iPhone初の5G対応ということで、注目されている。全4機種が5Gに対応するが、2つある規格のうち、より高速な「mmWave(ミリ派)」はアメリカ向けのもののみだと『MacRumors』は伝えている(参考:https://www.macrumors.com/2020/10/13/iphone-12-mmwave-us-only/)。  つまり、日本では「sub-6 GHz」対応のものしか手に入らない。コロナ禍で、5G関連のコンポーネントに遅れが出ているという情報から推察するに、性能より時間を優先したということなのだろうか。もしくは、コスト節減が理由の可能性もある。他のメーカーは、フラッグシップスマホが5Gに対応した際に大幅な値上げをしたが、Appleは価格を維持し、さらに廉価なモデルも投入しているからだ。 ・「iPhone 12 mini」バッテリー持続時間には注意  「iPhone 12 mini」は、iPhone SEについで小型で廉価なのが特徴だが、やはりそのぶんバッテリーの容量も小さく、動画再生では「iPhone 12」の17時間と比較して、15時間と持続時間は2時間短い。20時間の「iPhone12 Pro Max」とは、5時間の差がついた(参考:https://www.macrumors.com/2020/10/13/iphone-12-mini-battery-life/)。  4機種全てに“バッテリー不安説”もあったが、全4モデルに最新のA14 Bionicチップが搭載されているため、操作がより高速化。エネルギー効率も向上し、不安を払拭した。  とはいえ、新規に投入された小型の「iPhone 12 mini」は、バッテリー持続時間がやや劣るが、価格やサイズ的に仕方がない部分もある。この点を理解した上で購入したいところだ。

Nagata Tombo

【関連記事】